INDEX

タイゴルフツアー9R 「Panya Indra Golf Club」

いよいよ今回のツアーも最終日。Aコースはラグーンコース、Bコースはパームコース、Cコースはガーデンコースと呼ばれる27ホール。B,Cコースは平日はナイターゴルフも楽しめるコース。ゴルフカートは乗り入れ料金を払えば乗り入れできるが通常カート代金では乗り入れ不可。アンブレラガールという傘持ちキャディが常に待機しているのでモデル体型の女の子を従えてプレーもできる。
混雑することで有名なコースらしく、1ラウンド6時間かかることもあるらしいが、本日は比較的スムーズにラウンドできました。ただキャディの態度は私語が多く、横柄で今回のゴルフ場の中では最低でした。暑い1日でしたが、休憩所は冷房の入っている部屋になっているのは嬉しいですね。

本日はA→Cでのラウンド、白ティでも6600ヤードと距離はたっぷり。スコアはIN 10-18がAコース、OUT 1-9がCコースの結果です。前半はショットはまずまずながらなかなかパーが決まらずのボギーだらけでパーが取れずに48回。後半に入ってもその流れは変わらず。C6のショートでやっとパットが決まってパー。そして最終ホールミドル、太陽も傾き夕暮れ状態。セカンド残り180ヤードでグリーンを狙ったが引っかかって練習場の方に飛んでOB?諦めて暫定球を打ったらこれがナイスオン。グリーの近くに行くと最初のボールが木に当たって戻ったらしくセーフ、これをアプローチでピンハイにのせて、下りのツアーの最後の長めのパットを綺麗に決めてパーは大満足!


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー8R 「The Legacy Golf Club」

サファリワールドに隣接したコースで、ホールによってはサファリワールドのアトラクションの音が響く。大きな池に絡むホール以外には巨大なモンスターバンカーが配置されています。

本日はブルーティからのラウンドで6600ヤードと距離はたっぷり。私のキャディは他のキャディとの仲が悪いようで会話せず、まあラインの読みは正確だったので問題ないですが、カートを離れた所に止めるので仲間となかなか会話できずで困りました。

昨日右に出たティショットは、まっすぐに復活、他のショットもまずまずでボギーペース。前半6Hロングはドタバタして4オーバーとしたが、それ以外はまずまずで48回。後半に入って、12Hショートワンオンでパー、13Hミドルパーオンして長めのパットが入ってバーディ。しかし14H池ぽちゃで、15Hアプローチミスで連続トリプル。しかし池がからむ難しい上がり3ホールを連続パー(18Hはボギーとなっているが本日は池越えのグリーンでパー5)であがって45回は上出来!


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー7R 「Riverddale Golf Club」

2010年にソフトオープンした新しい18ホールのゴルフコース。クラブハウスからゴルフコースが一望でき、フラットな土地を持つバンコクにしては非常に珍しく高低差を付けたレイアウトになってます。このためティショットは打ち下ろし、グリーンへのアプローチは打ち上げといった日本の丘陵コースのようなレイアウトを持つホールが多い。名物ホールは8番ショートホール、182Yと127Y、打ち下ろしと打ち上げの二つのグリーンがあり、打ち下ろしは浮き島グリーン、打ち上げは2メートル近い深さのポッドバンカーのあるグリーン、どちらのグリーンを使用するかはプレイヤーが選択できるようになっている。

今日のキャディは、昨日とは打って変わってとにかく元気でハイテンション。タイにきてから好調だったティショットが、今日は右に流れてまっすぐ飛ばずに2打目のライが悪く出すだけで、さらにバンカーにつかまり、ダボの嵐。途中から雨も降り出し、さらにはスコール状態になり休憩所に避難して20分間中断。今日も何とか100越えはせずに乗り切った。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー6R 「Pinehurst Golf & Country Club」

以前は人気のあったコースだが、水害にあってかなりの被害を受けたとのことで、確かに木が少なく、コースもやや荒れ気味。THE LAKEの名を持つNORTHコース、THE GREEN FIELDと呼ばれるSOUTHコース、そしてWESTコースはTHE FORESTと言われ、それぞれの特徴を現しています。500人のキャディがいるそうで、ゴルフ場の導入路には大きなキャディ用の団地がありました。

本日はNORTH→SOUTHのラウンド、SOUTHは途中ショートが3つ続いてパー35です。、ショットはまずまずだが、パットがなかなか距離感があわずで3パットを連発。着いたキャディさんは22歳で小柄で可愛くて綺麗、しかしあまり喋らないので会話ははずまずで残念。カメラを向けるとちゃんとポーズをとってくれました。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー5R 「Muang Kaew Golf Course」

タイの国際空港の近くのコースで1名帰国のため遅いスタート。以前は市内から近いだけのコースでしたが、全面改装を行い、高級コースになったそうです。平坦なコースですが池やバンカーを巧みに配置されています。チェンマイのハイランドコースと姉妹コースとのことで、キャディさんの制服は同じでした。

昼近くのスタートでとにかく暑いし混んでいて待ちながらのラウンド。前半は、4オーバーの大たたきが2回、トリプル1回ありながら、パーも2つありのでこぼこゴルフで50オーバーで100切りに危険信号。後半に入って11Hでトリプルを叩き諦めムード、しかしここから集中してショットが持ち直し、16Hから3連続パーで持ち直し何とか45回で回って100オーバー回避。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー4R 「Alpine Golf Club」

チェンマイからバンコクに移動して早速ラウンド。2000年にはタイガー・ウッズが25アンダーで優勝したジョニー・ウォーカー・クラシック・PGAトーナメントが行われ、2004年にも同トーナメントが開催された高級ゴルフコース。予約にはメンバー紹介が必要だが、予約業者経由で予約はできる。お値段はお高めだが、手入れの行き届いた非常に綺麗なコース。

ドライバーは相変わらず好調だが、高速グリーンに苦戦して、なかなかパーパットが決まらず。それでも前半は2つパーを決めて45回。後半は、11Hでミスショットを連発してダブルパー、さらにパーが一つも取れずに50回。
コースのメンテナンスはよく、クラブハウスもゆったり、高級感漂うゴルフコースですが、日本人の接待で使われているせいか、キャディは下ネタを連発で、ゴルフにやや集中できずでした。



ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー3R 「Chiangmai Highlands Golf and Spa Resort」

前日のコースの少し先に位置するコース、A.VALLEY、B.HIGHLANDS、C.MOUNTAINの27ホール。ネット上では18ホールとなっている案内も多い。「2015年にアジアのゴルフリゾートトップ3に選出された、タイを代表する高水準のゴルフコース。じゅうたんのようなフェアウェイ、80以上のバンカー、巧みに配置された池など、難易度の高いコース。コースメンテナンスやキャディの質にも定評があるハイクオリティなコースで、チェンマイを訪れた際にはぜひともプレーして頂きたい名門ゴルフ場です。」との案内もある。

本日はA→Bコースでラウンド。相変わらずドライバーは好調。さらにアイアンもきれて、前半はショート2つでバーディながら、ガードバンカーにつかまり大たたきホールもでて47回。後半はまずまずの安定したゴルフで45回。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー2R 「Alpine Golf Resort Chiang Mai」

雄大な山々に囲まれたリゾートの中にあるコース。広い敷地にA,B,Cの27ホール、コースはフラットだが、周りの山や森を見ながらラウンドできる。Cコースは新しくできたコースだが、一部Bコースとコースの入れ替えを最近行ったようで、今回A→Bコースのラウンドだったがあがり3ホールは新しく作られた以前はCコースのホールだったようです。

ティショットは今日も良い感じ。2ホール目で上手くピンそばにパーオンしてタイでの初バーディ。しかし2打目以降のクリーク越えはちょろってクリークへ放り込み前半は46回。後半Bコースになってショットはさらに順調だったが、5Hロング3打目OBを出してトリプル、7H周りが田んぼで囲まれた砲台ショートで田んぼに入れてさらにアプローチミスでトリプル、それ以外はパーとボギーだったので悔やまれる45回。2ホールでの大たたきがなければ80台が出せただけに残念。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー1R 「North Hill Golf Club Chiang Mai」

11日朝に成田を出て、バンコクで乗り換えチェンマイには夜到着。チェンマイで3ラウンドしてバンコクに移動、バンコクで1日だけ休息日を入れ6ラウンドで合計9ラウンドして帰国するツアー。

チェンマイはバンコクよりは涼しいとのことだが、もちろん暑い。1ラウンド目は、North Hill Golf Club Chiang Mai。9ホールのゴルフ場を拡張して2015年に全面改装オープンした新しいゴルフ場なので、クラブハウスはきれい。距離はさほどなく、ハザードも少なめで木々もまだ育っていない。

前半はドライバー含めショットが絶好調!!9Hで当たる予感のした照明塔に当てて池ぽちゃはがっくり。しかし池の横からのせてボギーは満足の42回。しかし後半は打てば池ぽちゃ状態で、4回池ぽちゃで大荒れ53回。何とか95で終了したが、タイのゴルフ場はフラットなため、池が多く配置されているので苦労しそうな予感。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ティショット絶好調!トリプルなしで80台「ムーンレイクゴルフクラブ 茂原コース」

日曜から12日間9ラウンドのタイゴルフツアー直前のラウンド。今日はドライバーが好調でまずまず、パットは今一歩ながら、80台で終了。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ロングホールでOB出して大叩き、後半パット入らず!「ラ・ヴィスタゴルフリゾート」

南欧風のクラブハウス、距離は短く変化のあるレイアウトのコース。スタート時点は気温は低いが日差しもあり暖かったが、後半は風もでてやや寒くなってきた。前日庭で練習していた5番アイアンとAWを入れ忘れてしまい、頻繁に使うクラブがない状態でのラウンド。

アウトスタート、1H短いティショットまずまず、セカンドはややトップ気味ながら右サイドカラー、これをパターでよせてパー。順調なスタートと思ったが2Hロング、ティショット右に出て斜面で右方向に跳ねてOBを出してトリプル。3Hショートワンオンしたが3パット。4Hから3ホール連続パーで盛り返したが、7Hロング3rdショットを大きく曲げてOB、さらに3パットして9回でがっくり。結局前半は46回、ロングの大叩き2回が痛い。

バイキングでたらふく食べてインへ。10H400ヤードちょっとのサービスロング、3打でピン横のカラーに運んだが短いパットを外してボギー。ショットはまずまずだが、1stパットをショートして1メートル前後を残し、これがわずかに決まらずの3パットが4回でダボを量産して、47回。

AWを忘れたが、今日はほとんどカラーまでよせてパターで打てるケースが多く助かりました。何回かPWでアプローチしましたがまあ大きなミスはなし。3パット4回は1stパットが打ちきれなかったのがいけません。逆にオーバーして返しのパットはほとんど決まってくれました。パットは少し強めで勝負してみます。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ショット絶好調!!終盤3パット連発は残念!「南市原ゴルフクラブ」

翌日のラウンドが今夜からの雪で怪しいのでキャンセルして急遽セッティング。7時台のアウトコーススタートで3組目、組数があまり入っていないようで早めのスタート。

1Hティショットベストポジション、セカンドもナイスショットでパーオンでパー。2H引っ掛け気味だったが上手くキックしてフェアウェイ左サイド、これもパーオンしたが3パット。3Hショートここもナイスショットでカラーだがほぼワンオンでパー。4Hロングナイスショットの連続でわずかに届かず、アプローチをよせてパー。この後もティショットは狙ったところに飛んだが、セカンド以降がややブレてパーは取れずながらボギーで前半は41回と絶好調。

後半に入ってもティショットは絶好調で狙ったところに飛んで行く。12Hショートは140ヤードを綺麗な弾道でナイスオン。13Hロングもパーオンして連続パー。14Hミドルはボギーオンしたが長いパットを打ちきれずで3パットでダボ、15H池越えショートは曲げて池ぽちゃでダボと失速。16H途中にバンカーが横たわるミドル、ピン横1メートル強にパーオン、バーディパットが入らずは悔しい。あがり2ホールはボギーオンしながら短いパットを外して連続3パットでダボで46回は、今一歩。

本日はティショットがとにかくブレないで狙ったところに飛んで大満足。FW、アイアンもミスはあったが、ナイスショットもありでまずまず。パットは距離感まずまずながら、わずかに決まらずが残念。トリプル以上を叩かずで80台はまずまず。このゴルフができれば安定して80台は出せそうな気がする。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

2018年ラウンドリスト

03/28 千葉/八幡カントリークラブ
03/26 千葉/大多喜城ゴルフ倶楽部
03/22 千葉/上総富士ゴルフクラブ
03/19 千葉/南茂原カントリークラブ
03/15 千葉/マグレガーカントリークラブ
03/09 千葉/オーク・ヒルズカントリークラブ
03/07 千葉/上総モナークカントリークラブ
03/05 千葉/香取カントリークラブ

02/28 千葉/デイスターゴルフクラブ
02/26 千葉/グレンオークスカントリークラブ

02/21 タイ・バンコク/パンヤ・インドラゴルフクラブ(48/44=92)
02/20 タイ・バンコク/ザ・レガシーゴルフクラブ(48/45=93)
02/19 タイ・バンコク/リバーデール ゴルフ&カントリークラブ(51/46=97)
02/18 タイ・バンコク/パインハースト・ゴルフ&カントリークラブ(47/48=95)
02/16 タイ・バンコク/ムアンゲオ・ゴルフコース(53/45=98)
02/15 タイ・バンコク/アルパイン・ゴルフクラブ(45/50=95)
02/14 タイ・チェンマイ/チェンマイハイランドゴルフクラブ(47/45=92)
02/13 タイ・チェンマイ/アルパインゴルフリゾート(46/45=91)
02/12 タイ・チェンマイ/ノースヒルゴルフクラブ(42/53=95)
02/09 千葉/ムーンレイクゴルフクラブ 茂原コース(43/46=89)★
02/05 千葉/ラ・ヴィスタゴルフリゾート(46/47=93)
02/01 千葉/南市原ゴルフクラブ(41/46=87)★

01/29 千葉/姉ヶ崎カントリー倶楽部 西コース(47/42=89)★
01/26 千葉/ムーンレイクゴルフクラブ 市原コース(45/47=92)
01/18 沖縄/パームヒルズゴルフリゾート(49/46=95)
01/17 沖縄/かねひで喜瀬カントリークラブ(47/48=95)
01/16 沖縄/ザ・サザンリンクス・ゴルフクラブ(50/53=103)
01/12 千葉/長太郎カントリークラブ(54/52=106)
01/10 千葉/市原ゴルフクラブ 市原コース(46/41=87)★
01/05 千葉/本千葉カントリークラブ(42/42=88)★

ラウンドリスト | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ダボダボトリスタート、後半踏ん張って80台「姉ヶ崎カントリー倶楽部 西コース」

ゴルフ史に数々の物語を残した林間コース。最近は東コースでのラウンドが続いていたが、本日は4年ぶりに西コースをラウンド。西コースは、林間コースではあるがアップダウンがあり、INは距離のあるホールが多い。

本日はアウト→イン。アウトはショットはまずまずだが、落ちどころがまずく、木にあったり、凍ったグリーンで大きく転がったり、フェードを打とうとしてスライスになってしまいOBを出したりで、ダボダボトリとスタート3ホールで7オーバーと最悪のスタート。4Hから3連続よせて1パットで流れが良くなったが、8H、9Hとアプローチを上手く寄せながら短いパットが決められずで前半は47回は残念。

インに入って、前半フェアウェイに行かなかったティショットが、フェアウェイを捉えるようになり飛距離もバッチリ。アプローチもまずまずで、ボギーペースでいい感じ。残り2ホールをパーパーで90台。
17Hショートピン右奥に綺麗にワンオンしてバーディパットがわずかに届かずパー。18H400ヤード弱ミドル、ティショット今日イチで残り190ヤード、FWバッチリでわずかに届かず、アプローチ短く残り4メートル、これを決めてパーで見事後半42回でトータル89回。

本日は出だしは苦戦しましたが、途中から絶好調、ティショット、FW、アプローチ、パットが大きなミスもなし。ショートはずべてパー、最近引っ掛け気味だったFWが狙った方向に飛んで大満足の1日でした。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

2打目OB2発がもったいなーい!「ムーンレイクゴルフクラブ 市原コース」

大雪でゴルフ場のクローズが続いて、沖縄から戻って、久々のラウンド。記録的な寒波来襲の中なので、バッチリ防寒仕様で臨んだが、ナイターを実施しているコースなので、木々が少なく日差しを遮るものが少ないので以外と暖かい。

アウトコーススタート。1H右ドッグレッグミドル、ティショット左目にナイスポジション、セカンドわずかに届かず、アプローチピタリと寄せてパー。2H短い苦手なミドル、ティショットバッチリ、セカンドも上手く打ったが、わずかに届かずキック悪くバンカーにポロリで出すだけ、パット入らずのダボは悲しい。3Hショートはアゲインストを大きめのクラブで打って綺麗に乗せてパー。
ここまでは順調だったが、4Hやや下っていくミドル、ティショットチョロでレディスティ、そこから今度はFWを引っ掛けてOB、打ち直して、アプローチを届かずでダブルパーはがっくり。このあとは、まずまずのショットでボギーとパーの繰り返しで前半は45回。

インコース、10Hティショット右に流れてワンペナ、アプローチで上手く寄せてなんとかダボ。11H短いショートは、慎重にのせてパー。12Hやや打ち上げミドル、ティショットまずまずながら、またしてもセカンドFWを引っ掛けてOB、その後もアプローチも届かずでまたまたダブルパーはがっくり。
13H打ち下ろし2回の池越えの名物ホール、ティショットナイスながら右目に出て日陰の残雪の中、ここは無罰で動かして池越え160ヤードをナイスオン、しかし長いパットを無理して強くバーディ狙いで大きくオーバして3パットでボギー。15Hロングは、ナイスショットの連続でパーオン、長いパットもまたまた大きくオーバー、しかし今回は返しのパットを入れてパー。15Hショートは綺麗に乗せたが3パットでボギー。16HはまたまたセカンドショットあわやOB、バンカーに助けられたがドタバタしてダボ。17H打ち上げロングナイスショットの連続でパーオンしてパー。18HまたまたセカンドあわやOB、木の中で助かって出して、アプローチをピタリとピンにつけてOKボギー。

後半は、パーオン5回でショットは絶好調、最近時々ざっくりが出るアプローチも一つもミスなし。2打目のFWがダフってヘッドが返って引っ掛けてのOB2発がなければのラウンドでした。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

沖縄遠征3日目、日の出とともにスタートでスイスイ!「パームヒルズゴルフリゾート」

糸満市街地を望む標高130mのゆるやかな丘陵に展開するゴルフコース。クラブハウスはとにかく広くて豪華ですが、重い荷物を持って階段を降りなければならず、ロッカーとスタートホールも離れていたりとやや作りは不便。本日の夕方の飛行機で帰るために、暗いうちにゴルフ場に到着、日の出とともにスタート、といってもまだボールは見えにくい。

アウトスタート、ショットはまずまずながら、相変わらずパーが取れず、時々ダボトリのボギーペース。前半は2Hでは、セカンドを刻んだつもりが転がって池ぽちゃでトリプル。3H、8Hで3パットしてダボ、それ以外はボギーで49回。
インに入って、11Hショートきれいに乗ったとおもったら転がって奥のラフ、このアプローチをざっくり2回で4オンでトリプル。12Hロング、3打目わずかに届かずながら、アプローチをぴたりとピンにつけてやっとパー。13H打ち上げショートのせたが3パット。14Hアプローチバンカーに入れてトリプル。15、16、17Hは、やっと沖縄の環境になれてきたのか、ショット、パットともに絶好調で3連続パーで後半は46回。

パットのタッチがなかなか合わずでしたが、帰って調べたら、沖縄のグリーンには「バミューダ(bermuda grass)」が使われていて、ベントと比べて、茎葉が太く、グリーンには「芝目」が生じるそうです。今回2日目にラウンドした喜瀬CCは、ハワイ諸島などのゴルフ場で使われている「シーショアパスパラム(seashore paspalum)」という芝だそうです。どちらもベント芝とは少し違う感じがしました。
3日間の沖縄でしたが、この時期は晴れの日が少なく雨の日や寒い日も多いそうですが、ずっと半袖プレーでしたのでまずまずのコンディションでした。4月ごろがゴルフ場も安くて気候も良いそうなので、もう一度チャレンジしようかと思ってます。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

沖縄遠征2日目、残念ながら時折雨、「かねひで喜瀬カントリークラブ」

今回のツアーの初戦は、かねひで喜瀬カントリークラブ、クラブハウスを中心に東シナ海側にオーシャンコース、山手側にウッズコースの丘陵コース。昨年は日本プロゴルフ選手権が開催されしたコース。天気は時々雨が降って、また上がっての繰り返し。まあさほど強い雨ではないのだが、ややプレーにはきになる感じでした。

ウッズ→オーシャンでラウンド。ティショットは今一歩ながら時々ナイスショット。アプローチはざっくりを多発、パットティングはとにかく決まらない。ウッズ5Hロング、ティショットは右にでたが、FW、さらにUTがナイスショットでパーオンして沖縄初のパー。しかし本日はバンカーではまってロング2つをトリプル。池に囲まれた名物ホールのオーシャン5Hショートは、きれいにワンオンしたが、バーディを狙って強く打って大きくオーバーしてボギー。

なかなかパーが取れずの時々トリプルでスコアは95回と今一歩でした。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

沖縄遠征1日目、景色は最高、しかし風が強い「ザ・サザンリンクス・ゴルフクラブ」

昔の会社仲間のコンペが100回を数え、記念に企画された沖縄遠征に参加。初日はゴルフはなしでしたが、希望者4名で早速ラウンド。空港に11時過ぎに到着、レンタカーを借りてゴルフ場へ直行。海岸線に作られた沖縄屈指のコース、ハワイの海岸沿いのコースの雰囲気たっぷり。天気はまずまず、気温も高めで半袖でのラウンド。ドタバタと着替えて最終組でのスタート。沖縄は北海道などと同じく、スループレーで午前スタート、午後スタートになり途中休憩はなし。

パッティング練習もほとんどできずでインからスタート。10Hロング向かい風の中ティショットが低く出てナイスショットでど真ん中。2打目もまずまず、しかし3打目のらず、さらに3パットでダボは最悪。11H右に流れて木の根元、ざっくり、ちょろ、3パットでトリプル。その後はボギーペースに戻したが、パーパットが決まらない。アウトに入って、2Hバンカーに入れドタバタしてトリプル、6H奥にこぼして、のせるだけ、さらに4パットしてWパー。
ショットが右目に出るが、コースは広々しているので問題なし。アプローチはなかなかよらず、パッティングは相変わらずボール一つ入らない。結局50、53で沖縄初戦は100オーバーで終了。

コースは海沿いのリンクスコース、木々はほとんどなく、そこに風速10メートルで難易度MAX。海沿いのショートは、ボールが上がると隣のグリーンまで飛んできて打ち込まれました。天気も良く、海沿いのコースの景色は最高でしたが、スコアの方は、一つもパーが取れず、慣れない砂のバンカーや、転がりの読めないグリーンに惑わされて時々大叩きしてしました。

7Hティショット海沿いの打ち上げ谷越えホールは、狙った通りに打てて気分は最高でした!!




ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

昔のクラブでラウンドしたら久々の大叩き!と言い訳です。「長太郎カントリークラブ」

来週から沖縄遠征のためゴルフバッグを早々と送ったために、昔のクラブを引っ張り出してのラウンド。手元に残っていたクラブをかき集めてセッティング、庭で軽く練習しただけで本番。本日はこの冬いちばんの冷え込みでティグランドもグリーンもコチコチ。

インスタート、10Hロングドライバー、FW順調だったが、3打目ちょろ、4打目引っ掛けてバンカー、1回で出せずに6オンでトリプル。2Hティショット右に出てOBでダボ。12Hショートワンオンしたのに3パット。13H短いミドル、きれいにパーオンと思ったらコチコチのグリーンで大きく跳ねて奥のバンカー、これが今度は妙にさらさらで3回出せずでWパー。この後もたまに良いショットがあってもアプローチとパットをミスしてずるずると稼ぐ状態で前半は54回。

まあ、後半は昔のクラブにも慣れてきたのでなんとかなるだろうとスタート。しかし、たまに良いショットがあっても続かず、アプローチのざっくりを多発、パットも決まらずでズルズル状態。最終ホールのロングも4打目をうまくのせたが3パットしてダボで後半も52回。

言い訳ですがいつものクラブでなかったことが原因ということにしておきます。
ということで、本日のラウンドは、参考ラウンドということで年間平均算出からは除くことにしました、来週沖縄に先乗りしているクラブで良いスコアーが出ればこの言い訳も成り立つので、頑張ってきます。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

アプローチ今一歩ながらドライバー絶好調!「市原ゴルフクラブ 市原コース」

市原ゴルフクラブ 市原コースは、東、中、西の27ホール、距離は短めの高低差のある打ち下ろしがある丘陵コース。「サッポロ一番」のサンヨー食品のグループ企業の経営で、毎回在庫処分思われるカップ麺がもらえる。本日は中→西のラウンド、気温はこの時期にしては高かったが、北風が強く体感温度は低い。

前半はドライバーは絶好調、距離、方向性バッチリで前半は全てフェアウェイキープ。しかし前回好調だったアプローチがざっくり連発。中4H打ち下ろしロング、グリーン手前池、ティショット、セカンドバッチリで残り150ヤード、やや右にでてグリーン右、ここからアプローチ届かず、次にざっくりでトリプル、中5Hもアプローチざっくりでダボ。中6Hパーオンしたのに3パットとミスの連発。パットも決まらずなかなかパーが取れない。中9H打上げロング、3打目木の中に突っ込んだが、上手く抜けてパーオンしてやっとパーが取れて何とか46回。

後半になって風がかなり強くなって帽子が飛びそう。風の強い中ではあるがドライバーは何本か曲げたものの絶好調を維持。アプローチとパットも前半よりはミスが少なく、ボギーペース。西7H打ち上げ短いミドル、ティショット右目、残り100ヤードながらピン方向は高い木、高いボールが上手く打ててピン横1メートル強につけて今年初のバーディ!!西8Hショート、グリーン右奥に外して、アプローチでよせきれずながら、パットを決めてパー。後半はバーディ1つ、ショートは2つともパー、残りはボギーで41で87回。

年明け2連続で80台、今日は特にドライバーが気持ち良く振れていて、方向、飛距離ともに大満足。



ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

初打ち、アプローチが良い感じで84、今年もがんばる「本千葉カントリークラブ」

昨年に続き初打ちは、近場の本千葉カントリークラブ、東、中、西の27ホール、距離は短めでBG、CYの2グリーン。天気は曇りで気温は低い。本日は東→中コースでのラウンド。

東1Hロング、ティショット引っ掛け気味で左斜面、ジグザグに進んでダボ。2Hはナイスショット残り120ヤード打ち上げでピン方向は高い木、セカンド木につっこんだが上手く抜けてナイスオンでパー。これで流れが良くなり、ミドルではパーオンのパーを2つ、ダボになりかけたホールもアプローチやパットが決まってなんとかボギーで凌いで前半は42回と上出来。

後半の中コース、1H短いミドル、パーオンしてボール一つ届かずでバーディ逃しのパー。2Hショート大きく曲げてサブグリーン奥、これをピタリとつけてパー。4H右に出て、刻んで、わずかに届かずでバンカーにいれてダボ。5Hショートはワンオンしてパー。7Hロングは、パーオンできずながらアプローチを上手く寄せてパー。後半も大叩きはなく42回.

前半後半ともにパーが4つ、ボギーが4つ、ダボひとつと上出来。前半は昨年終盤から始めた「松山」とつぶやいてのパットが決まりまくってリカバリー。後半は、パットはわずかにずれて決まらずながらもアプローチを上手くよせたので大崩れはなし。距離の短いコースだっために多少ティショットでミスをしても残り距離がなかったのがラッキーでした。幸先の良い初打ちとなりました。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑