ラウンドレポート INDEX

盆明けがらがら、アプローチ絶好調で今季ベスト「上総モナークカントリークラブ」

お盆が明けて早速ラウンド。ジャック二クラウスの設計による距離もあって途中バンカーも多く、大きなワングリーンのコース。天気予報は曇りの予報だったが、時折太陽もでて暑い。休み明けと暑さと雨予報もあったせいか、がらがらでアウトスタートのワンウェイ。

ティショットはティを下げて方向性は良し。
1H540ヤードのロング/ショット順調で3打目打ち上げ残り180ヤード右目に出たがグリーン横の斜面でナイスキックでピン横1メートルにつけてバーディ。
2H短いミドル/2打目わずかに届かずカラー、アプローチでよせてパー。
3Hショート/ピン筋にナイスショットだが、少しオーバーしてカラー、アプローチを寄せてパー。
4H長いミドル/セカンドナイスショットしたがアプローチ寄せきれずボギー。
5H打ち上げミドル/パーオンしてパー。
6Hミドル/順調だったティショットが曲がって右斜面で距離でず、セカンド飛んだがガードバンカーでボギー。
7Hミドル/セカンド左に外れ、寄せきれずでボギー。
8H池越え打ち下ろしショート/左目にワンオンしたが、1stパット打ちすぎて大きくオーバーして返し入らずボギー。
9Hやや打ち上げの520ヤードロング/ティショット右に出たが、セカンドまずまず、3打目奥にパーオンして下のラインをうまく寄せてパー。
ショット、パット好調で39回と上出来。

後半はティショットが乱れてたがアプローチでしのぐ。10H左に池のロング、ティショットトップして池方向で池ぽちゃかと思ったがギリギリでセーフ、ボギーオンしたがパット決まらずボギー。11H、12Hショット今一歩ながらアプローチ寄せて連続パー。15H苦手のロング、セカンドで良い位置まで運んだが3打目ミスってバンカー、出すだけ寄せきれずで本日唯一のダボ。その他もなかなか寄せきれずにボギーペース。最終18Hセカンド届かずながら、アプローチであわやチップインのアプローチでパーとして42回で今季ベストの81回。

この蒸し暑さと距離のあるコースでこのスコアーは上出来。途中ショットの乱れがなければ70台もいけた気がする。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

広々した庭園コース、暑さと台風でガラガラ「鳳琳カントリー倶楽部」

台風の影響で雨予報で中止も考えたが、お盆で特に予定もなく、多少の雨は逆に涼しくて良いかと実施。とにかくバブリーな庭園風の接待コース。フェアウェイは広く、花道も広く、グリーンもそれほどのアンジュレーションはない。ロッカーは大理石、トイレはバカ広く、有名な作家の彫像や絵画などが飾られている。
コンディションは、フェアウェイは刈り込んでいなくて、セミラフ状態で転がらず、グリーンは前日の雨でやわらかくて、ボールがピタリと止まる。ザッと降って、太陽が出て、またザーッとちぐはぐな天気、蒸し暑いが、雨が降ると多少温度が下がるのでありがたい。

もともと直接予約のみのコースで客数は少ないが、雨予報と暑さで5、6組しかプレーしていない、8:48スタートの我々が最終組らしい。アウトコーススタート、ドライバーはティーを低くしたら、フェードはしなくなり、距離も多少戻った感じで狙い所を攻めていけて嬉しい。アプローチとパットがしっくりこず、ミスが続いて3連続ダボで嫌な感じのスタートだったが、途中からボギーペースに戻し、9Hは寄せワンでパーとして46回。

昼食中にちょうど強い雨が通り過ぎラッキー。後半は、連続パースタート、パットが遅いグリーンに慣れてきて、パットが面白いように決まって、上がり4ホールを含めて長めのパットが面白いように決まって、1パット6回の12パット。何回かあった、池越えのFWも方向は悪かったが距離はでていて池ぽちゃなしで、後半は41回で87回はまずまずでした。




ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

信州遠征6日目:ティーの高さを下げてやや復活!「三井の森蓼科ゴルフ倶楽部」

今回の遠征最終日、2サム割増なしのプランが10:30以降のため遅いスタート。気温も上がって暑いが、木陰は涼しい。コースは、全身を使い大きな飛距離を必要とする「からまつコース」、ワイドだが油断大敵!メンタル強化「あかまつコース」
、攻略にはショートゲームが鍵を握る「しらかばコース」の27ホール。本日は、「からまつ」→「あかまつ」と距離はたっぷり。コース内からは八ヶ岳連峰が良く見え、メンテナンスも最高、花道も広く狙いやすいホールが多い。

スタート前にドライバーのヘッドのボールの跡が半分より上にしかついていないことに気がついた。もしやこれはティが高すぎるのではと思い、ティを下げたらドライバーのフェードが修正され、球筋が良くなった。飛距離は今一歩だが、狙ったところに飛んでいく気がする。もともと3cmのティアップだったが4cm程度になってしまっていたようだ。

今日はパーオンはしないが、グリーン近くまで持って行き得意の寄せワンゴルフ。前半は寄せワンパー4つで42回。後半はなかなかパーが取れずだが、途中フェアウェイの真ん中の木の僅かな隙間を抜けるラッキー、そのセカンドを打ち上げバンカー越え170ヤードを上手くのせてパー。終盤に寄せワンで連続パーを決めて45回で最終日は87回で嬉しい!



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

信州遠征5日目:相変わらずドライバー不調でがっくり「蓼科高原ゴルフ倶楽部」

前日、小布施まで行って「ワッサー」を買って、上田で両親の墓参りをして、白樺湖経由で知人の蓼科のコンドミニアム入りして、今日から2連線。蓼科も朝晩は涼しいが、日中は暑いが、木陰は高原の涼しい風が通り抜ける。

蓼科高原の山裾に広がる、すずらん、りんどう、しゃくなげの3コース27ホール。軽いアップダウンがある景色の良い綺麗な丘陵コース、落とし所が絞られていたり、ガードバンカー、グリーン奥が下っていたりと難しい。

すずらん→りんどうのラウンド。ドライバーは相変わらず不安定で飛距離も出ず、アプローチもパットもピリッとせずに苦しいゴルフ。前半はパーが一つも取れずでダボを量産して51回、後半は出だしでパーとしたが、そのあとはピリッとせず49回で合計100回。りんどう7Hでクリーク越えの2打目、トップしてボールは、クリークの石に当たって大きく手前に戻ってびっくり。

ドライバーをなんとかしないと、どんどん悪化の一途。一晩考えよう!

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

信州遠征3日目:北アルプスを望む綺麗なフラットコース「南長野ゴルフ倶楽部」

コンペついでに翌日も同級生のホームコースで高校時代の仲間とラウンド。みなさん夏場はあまりゴルフはしないとのことで、ましてや連続ラウンドなんてありえないとのことですが、私のスケジュールにあわせてお付き合いいただきました。

コースまでは、宿泊先の姉の家からわずか30分かからずに到着できるが、かなり山の上にあり、そこまではすれ違いが厳しい道が続き、こんなところに本当にゴルフ場があるのかと心配になる。コースは、フラットでフェアウェイも広く、よく手入れされています。晴れていれば北アルプスが望めるのですが、天気はよかったのですが、アルプスに雲がかかっていて見ることはできませんでした。

相変わらずドライバーは不調ですがラフは刈り込んであり、前半はアプローチとパットが好調でダボなしの41回と上出来。後半はなかなかパーが取れず、8Hで3打目OBを出して、その後もミスが続いて4オーバーは残念。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

信州遠征2日目:距離たっぷり,ドライバー,パット不調「長野カントリークラブ」

毎年8月の第一日曜日に開催される高校時代の学年のゴルフコンペ。旧友に会え田舎に顔を出す良い機会なのでここ数年参加。ちょうど大好きな「ワッサー」の出荷も始まるので、千葉の梨を手土産にかかえて、長野のフルーツを買って帰るのも目的の一つ。

コースは飯綱高原にある長野の名門コース、フェアウェイは広々とした距離もたっぷり。木陰は高原の爽やかな風が吹き抜けていくが、猛暑で太陽に下は暑い。ドライバーの方向が安定せず、ラフが厳しくざっくり、グリーンが硬くて載せてもオーバーと全く良いところなし。昨年までは、こちらにくると飛距離が延びた気がしたが、今年は全く飛ばない。グリーンは、高原のコース特有の芝目がきつく、飯縄山の方向を気にしながらだが、距離感がなかなか合わない。なんとか99回で収めたという感じ。

来年は第二週の日曜日開催ということで、ワッサー、しなのリップ、プルーンを買うには良い時期でありがたい。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

信州遠征1日目:秩父に寄り道、暑い!!「彩の森カントリークラブ」

毎年恒例の高校同窓会コンペ参加のため長野へ向かうついでに、いろいろ立ち寄りしながら計画をたてたら、この暑い時期に6日で5ラウンドのハードスケジュールとなってしまいました。
1日目は仕事の打ち合わせも兼ねて秩父に立ち寄りラウンド。2年前に『彩の森カントリークラブ・ホテル秩父』と名称変更したそうです。トム・ワトソンが、設計・監修した世界初のコースということで、フェアウェーは、広く要所に池やバンカー、グリーンには、微妙なアンジュレーションがあります。
とにかくやはり暑い、そんな中、まずまずのゴルフでトリプル以上を叩かずで88回でまずまずのラウンド。一緒にラウンドしていただいた方が、前後半ともワンバーディ、ワンボギーほかはパーでパープレーには参りました!

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ドライバーまだまだながら何とか80台「ムーンレイクゴルフクラブ鶴舞コース」

前回の大叩きで、ドライバの不安定な原因をあれこれ考えてみた。結論から言うと、何も考えずに振るということ。本日は2サムなので、同伴者にスイングのビデオを撮影してもらい、画像でチェック。素振りはオーケーだが、やはり本番は体が早く開いている。後半のスタート時に再度撮影してもらい、少し良くなった。

インスタート、1H引っ掛けてバンカー、2H今度は右に出てそのあとミスショット。5H長いロングはティショットちょろって左の池にOB、打ち直しのショットはナイスショット、やはりあれこれ考えず振ること。しかし次のショートは右に出てOB。9H打ち上げのロングは2打目の3Wが完璧、パーオンできなかったがよせてパーで前半は46回。OBを2回だしながらも何とかトリプル叩かず。

後半は、ドライバーがやや修正できて復活の兆し、ただしまだまだ右に流れる感じ。まずまずの内容だがなかなかパーパットが決まらずボギーの連続。14Hショート短い打ち上げショート、ピン筋に飛んで2メートル弱のオーバー、しかしバーディパット決まらず。18Hティショットカート道に当たって真横斜面へ、刻んだが、最後アプローチ上手く寄せてパーで42回とまずまずのスコアで88回。

相変わらずドライバーは今一歩だが、今日はラフが刈り込んであり助かりました。今週末から秩父→戸隠→蓼科と移動しつつで1週間で5ラウンド。無事生還できるよう頑張ってきます。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ドライバー不安定、ラフが厳しく大叩き「ジャパンPGAゴルフクラブ」

日本プロゴルフ協会(PGA)の設計コースで、日本で唯一名称にPGAを冠するゴルフ場。現在の経営は全国に展開するホテルモントレ・グループ(本社大阪)で、隨縁グループのゴルフ場のひとつです。
丘陵コースの18ホールです。フェアウェイの幅もあり、アップダウンも比較的少ないですが、アンジュレーションが多少あったり、ガードバンカー、グラスバンカー、ハザードなどが要所に配されておりプロ好みの戦略的コースです。

不調のドライバーがさらに悪化して、とにかく打ち出し方向、ボールの曲がり共に全く読めず。前半はほとんでがラフに飛び込んで、このラフがかなり深くてまともに打てず大叩きをしてしまいました。最近は何とか2打目以降でリカバリーするゴルフでしたが、2打目がまともに打てず、アプローチも寄らず、パットも決まらずで、全くゴルフにならず、前半は久しぶりの54回。

後半にって多少ショットが戻ってきたが、なかなかパーが取れない。結局後半も49回で、100越え。気温も上がり、蒸し暑さもあり、お疲れゴルフとなってしまいました。

とにかくドライバーが久しぶりに不調です。飛ばない、曲がる、振れないの悪循環です。今月中に修正できないと、8月上旬の長野遠征5ラウンドが厳しくなるぞ!いろいろ考えずに振り抜く、これをもう一度肝に命じます。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

帰国第一線、蒸し暑い中、名門コースでコンペ「府中カントリークラブ」

日本に戻ると梅雨が終わらず、やっと雨があがってくれて帰国第一線。コースは「多摩センター駅」から車で5分、多摩ニュータウンの中(多摩ニュータウンが後)に広がる名門コース。昭和30年頃銀座にあった会員制スポーツクラブの経営者有志が自分たちの理想とするゴルフクラブ創りに取り組み以来その理想追求の姿勢を半世紀余に亘って貫いてきたそうで、会員同士の繋がりが深いそうです。
1年後に東京オリンピック開催のシュミレーションで交通規制のかかっていたが、逆に高速道道路は空いていて順調に到着。年に3回開催の会社仲間のコンペで本日は6組24名の1組目。このコース、レギュラーティはブルーだが高齢者も多いコンペなのでフロンティティ、それでも6000ヤード。

インスタート、10Hロングティショットが相変わらずフェードし右バンカー、出すだけ、さらにチョロなどしてトリプル。しかしここからドライバーは今一歩だが、その後のショット、パットがキレまくりほとんどがほぼパーオン。13Hミドルは奥のカラー、パットで長い距離を沈めてバーディ。結局残り8ホールは、1バーディ、5パー、2ボギーで1オーバーで40回。17Hショートで最後短いパットを外したのが悔やまれる。

後半は出だしロングをまたトリプル。その後も前半とは違いなかなかグリーンに届かずでボギーの連続、4H池がグリーン手前にかかるミドル、調子にのってフェードボールで狙って池ぽちゃでトリプルは反省。その後もなかなかパーが取れずでボギー街道、最終ホールロング、やっとパーオンしてパーでしめて何とか80台に滑り込み。

今日もドライバーがフェードが大きい、途中グリップがウィークすぎることに気がついてやや修正できた。そのほかのショットは、ほとんどがオーバー気味で、なぜか飛んでました。

帰りは、途中カーナビが都心に向かわないよう迂回させようとするのを無視して首都高を抜けて1時間ちょっとで到着。行きも迂回させるルートを指示していたので、何らかの交通情報を出してカーナビを操作できるのでしょうか?


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

KLツアー5日目:池また池でボールがなくなる「TPC Kuala Lumpur」

いよいよ最終日、コースはプロトーナメント開催を前提として設計された世界のトップコースの一つ。2016年10月より旧KLGCCからTPCの冠を称する新しいコースとして認定された。TPCとは“トーナメント・プレーヤーズ・クラブ”の略称で、米 PGAツアーが運営するゴルフ場。松山英樹・石川遼らが出場するPGA「CIMBクラシック」や宮里藍、横峰さくらなどが出場する「サイムダービーLPGA」トーナメントの開催地。ミッシェルウィーも近くに家を持ちメンバーらしい。

クアラルンプール中心から8キロ、クラブハウスは豪華で、メンバー用のエントランスと、ビジター用は分かれていて、レストランもメンバーとビジターは値段が違う。WestとEastの2コース、Westがトーナメント開催コースだが、こちらは基本メンバーのみとのことで、Eastコースでのラウンド。
全体的にはフラットだが、随所に池が絡み、グリーンを奥も池というレイアウト多く難易度は高い。スタートホールグリーン手前の池に入れダボ、次のホールはドタバタしてトリプル、どうもショットが安定せず、池がらみのホールが続きダボ街道、15H浮島のショートのせてパー、さらに17H池越えのショートものせて1パットで決めてバーディ、しかし18ミスショットが続いてダブルパーで前半は52回。
アウトに入って1Hティショットが右に出て、2打目レイアップしたボールが木に突っ込み落ちてこずでトリプルスタート。グリップを修正してドライバーの方向性がやや安定して、その後はまずまずな展開でパーパットがボールひとつ決まらずのボギーペース。途中池に入れたりして連続ダボとしたが、後半はなんとか47回で99回でかろうじて100切り。

とにかく池がほとんどのホールにかかり難しいコースでした。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

KLツアー4日目:池ぽちゃ連発で100超え「Saujana Golf & Countory Club」

世界TOP100選にランクインする名門コース。椰子の木の南国ムード満点のパームコースと林とウォーターハザードのブンガラヤコースの36ホール。タフな難コースが連続して「スコアが+10」になるとも言われているそうだ。

今回はパームコース、距離はなくコース幅はゆったりとしているが、椰子の木の中を谷超えあり、クリークあり、池ありで変化に富んでいる。前半はボギーとダボの繰り返しで、8Hの短いロングでパーが取れただけ。
後半も同じような展開。13Hロング、グリーン手前に池、3打目残り160ヤードをラフから狙って届かず池ぽちゃ、池手前からも届かず池ぽちゃ、次はシャンクしながらも池越え、のせて3パットで痛恨の11回。15Hも打ち下ろしグリーン手前池、左の林に入れ木の根元などで苦労して、残り130ヤード池越えを上手く乗せたがトリプル。16H打ち上げ160ヤードのショートは綺麗に乗せてパー。17H池越え木越えの打ち上げの2打目でグリーンのエッジに運びながらバーディを狙いにいって結局ダボ。結局後半は55回の大叩き。

今回は100越えはしない目標だったが、13Hの大叩きが響きました。明日の最終日もトーナメント開催コース、なんとか100越えはしないようにがんばりたい。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

KLツアー3日目:海外初の80台、後半はあわや30台「Palm Garden Golf Club」

中1日初のクアラルンプールということで市内観光をして2ラウンド目。マレーシアのパーム油大手、巨大財閥IOIグループの開発する巨大な分譲地内にある高級パブリックコース。以前は27ホールだったが、それを18ホールに改修したコース。

事前の天気予報では雷雨の心配もあったが全く雨には降られず。晴れるわけでもないので、日差しは強くなくありがたい。
今日のキャディは陽気で明るいが、無駄話ばかりで今一歩。コースの周辺にはホテル、ショッピングセンター、分譲地があり比較的フラットなコース。

白ティを選んだが、距離は短め、スコアカードを見ると5361と書いある、短いと思ったがこれはメートル表示、それでも5900ヤードと短めでした。今日もスタートホール1Hはパースタートで順調。2Hショートはのせたが3パット、3Hはパーオンのパー。6H大きく右に曲げてバンカーにつかまりさらに3パットでトリプル。9Hもパーオンのパーで前半は45回と順調。

後半に入って距離が短いおかげでパーオンを連発、さらにパットも絶好調。10Hから3連続パー、13Hロング途中池に入れてダボ、しかしそこからまた3連続パー。2オーバーで残り2ホール、17H浮島のショート、奥目にワンオンしたが3パットでボギー。18H打ち下ろしのミドル、ここをパーで30台、しかしティショット右に出て斜面で横に流れたらしく距離がです、刻んでボギーオンしたが、パパッと決まらずで40回。

本日は途中からフェアウェイ走行できました。海外で初の80台はうれしい!



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

KLツアー1日目:グリーンは砂だらけ「Templer Park Country Club」

神聖な岩山ブキット・タクンの裾野につくられたコースです。「プロゴルファー織部金次郎」の舞台になった尾崎将司設計のコース。インは日本の丘陵コースの雰囲気でブラインドホールが多い。マレーシアのコースは基本はメーター表示だが、ここはお客さんはほとんど日本人とのことで、ヤード表示でした。

インスタート、10Hティショットバッチリ、セカンドわずかに届かず、寄せてパーと順調なスタート。パー逃しにボギーが続いたが、13Hバンカーと3パットでトリ、この辺から順調だったショットが乱れ始めて、15Hティショット谷越えでチョロってOBでトリプルで前半は50回。

アウトに入って、ショットは持ち直してきたが、2Hショートでパーがとれただけでなかなかパーが取れず。6Hでナイスショットなのに打つたびに、そこにあたるかよというところで木に当たってトリプル。後半は大叩きはここだけで47回。マレーシアの最初のラウンドはなんとか100切りできました。

とにもかくにも、岩山が印象的なコース。朝霧で幻想的な風景でした。プレーヤーはほとんどが日本人。フェアウェイの状態は良かったですが、グリーンは砂を入れたばかり今一歩。聞いてみると、こちらは毎週砂をいれるようで、月曜日はクローズにするコースが多いそうです。今日は月曜日でお砂がいっぱいでした!



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ドライバーやや飛距離復活ながら安定せず!「森永高滝カントリー倶楽部」

最近のドライバーの飛距離ダウン、ほとんどがフェードする原因を考えてみた。以前はテイクバックが上がらず、フォローで飛ばしていた。テイクバックの上がらない原因がグリップにあることがわかり、少しテイクバックがあがるようになり、飛距離が伸びた。今度がこれに慣れてきたら、テイクバックが上がる分、逆に体が先に開いてしまい、ヘッドが遅れて開いた状態で当たっている感じがする。
今日はテイクバックを無理してあげようとせず、フォローでスイングするイメージでやってみた。これが正解でまだ不安定ながら、ボールは捕まるようになりフェードがでても曲がりが少ない。飛距離も少し戻った感じで、まずまず。

インスタート、最初はスイングの変更でボールが左に飛び出したが、徐々に調整。12Hロング順調にきていたが3打目、右に飛び出してOBでトリプル。14Hパーオンしたが2段グリーンの下で3パット。15H難しい右ドッグレッグミドル、見事パーオンして、距離のある難しいパットも寄せてパーは上出来。18Hロングもパーオンしたが、短いパットを外して3パットで45回。12H2打目のOBが勿体無い。

アウトに入って、ティショットはスイング変更の効果が出てまずまず。3Hティショット引っ掛けてOBながら何とかダボで抑えて、6H、7Hと連続して寄せワンのパー 。8H打ち下ろしの短いショット、リズム良く狙い通りピンに向かって、ピン手前2m弱にナイスオンでパットも決めてバーディ!
最終ホール、ティショットまずまずで残り打ち上げ170ヤード、のせてワンパットでハーフ30台。こんなことを考えたのがいけないのか、力んでチョロ、さらに届かずでガックリのダボ。

来週1週間は初のクアラルンプール遠征。ドライバーが復活したのは嬉しい。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

バーディ2回出しながら90きれず!「アコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブ」

お人予約が成立しなかった方から連絡があり、急遽セッティグ。タイガーも参戦のZOZOカップ開催の習カンが直前格安プラン食事付総額9500円を見つけてラウンドしてきました。

早い時間スタートなので道路も渋滞なく40分で到着して、前半は7時17分クイーンインコースで2組目。最近は雨続きでランが出ないせいかもしれないが、一時飛距離が出ていたドライバーがどうも最近飛ばない。12Hナイスパーオンして4メートルのパットも決まりバーディ。それ以外は、アプローチもミスが目立ちなかなかパーが取れず、ボギーとダボの繰り返しで、前半は47回。

アウトに入っても、1H3パットしてダボで嫌な流れ、2Hバーディで良い流れと思ったが3Hティショット曲げてダボ、4Hショートワンオンしてパーと凸凹。5Hからは、2回パーオンしながらパーが取れずで、5連続ボギーで44回。

本日はパーオン6回中、1パット2回、2パット1回、3パット3回。バーディが取れていたので、狙って行ってオーバーして3パットが多かったのは反省。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

前半絶好調、昼に久々生ビール、後半大崩れ!「万木城カントリークラブ」

数日前までは雨で中止と思っていたが、雨予報が消えた。2年ぶりのラウンド、6コースの共通会員権の山田クラブ21のひとつ。距離は長めの東、南、西の27ホールの丘陵コース。雨予報だったせいか、がらがらで人がまばら、スタッフも今日はゆっくりできますよ!とのこと。

前半は東コース、ショットはまずまずでだがパーオンはできずで8Hショートをワンオンした以外は全てボギーオン。そこそこよせて決まったり、決まらなかったりで、パー4つ、ボギー5つで41回とまずまず。

昼の無料ドリンクがアルコールOKとのことで久々に生小。これがいけなかったのかは定かではないが、後半南コース、2Hで3パットしてダボ、3Hショートバンカー越えの得意のアプローチが寄せようと思ってショートでバンカー次に大きくオーバーなどでトリプル、この後も肝心なところでミスが出てダボ、トリ連発で久々のハーフ50越えの51回。

個人的には前半とそんなに違うショット内容ではないつもりがスコアは天と地、ここまで差が出るとはびっくり。もう昼にビールは飲まない!

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

まずまずの内容なれど、なんとなく今一歩「加茂ゴルフ倶楽部」

今日は90切りできたが、なんとなく今一歩。なかなかパットが決まらず、もう少しいけたないう感じかもしれない。まあこんな日もあるかも。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

翌日台風直撃のため急遽予約、昼食付4900円!「かずさカントリークラブ さくら-富士」

翌日ラウンド予定だが、台風直撃で中止になるだろうと決めつけて、急遽予約。予約サイトを眺めていると、割増なし昼食付で税込4900円の格安プランを発見。このコース詰め込みすぎで渋滞覚悟ではあるが久々に予約してみました。さくら、富士、つばめの27ホール、グリーンは2グリーンの丘陵コース。

前半はさくら、1H途中から打ち下ろしのミドル、パーオンして4メートルのパットが決まってバーディと前回からの流れが続く。しかしのその後は、ショットの方向性が悪く、アプローチも寄らずでパーが取れず、5Hで上手く寄せてやっとパー。6Hショート届かず深いラフから1回で脱出できずダボ。8Hロング、ティショット引っ掛けてちょろ、そこからミスショットが続き6オン1パットのダボ。前半はショットが今一歩ながら、アプローチと12パットとで凌いで44回。
7時30分スタート、9時50分にハーフ終了、後半のスタートは予想通り、1時間30分待ちの11時20分と昼休憩がたっぷり。

後半は富士、1H短いミドルティショット引っ掛けてバンカー、顎に当て、斜面ラフに入れドタバタしてダボ。2H打ち上げミドルパーオンしてパーで今日もここから快進撃かと思ったが、3Hショットがまたまた乱れてダボ、4Hショートはサブグリーン、上手く寄せてパーとちぐはぐ。この後もなかなかパーオンできず、アプローチよらず、パット決まらずでずっとボギーで45回で、トータル何とか90切り。

前の組がスムーズに進まず、トタールとして時間がかかっているわけではないが、全てのショットが待ちながらになりリズムが悪かったが、それ以上に前回を意識して、ここで上手く打ってという意識が強すぎたような気がする。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

後半2ホール目からショット、パットが絶好調で37「千葉国際カントリークラブ 桜東-西」

前日が雨で中止になったので、いつもの仲間を誘って2サムで同じコースをラウンド。桜コースは東西中の27ホールと竹コース18ホールで、距離のない、アップダウンの多いコース。桜は、大きなベントワングリーンでカートは自走式。竹は芝種の異なる2つのベントグリーンでカートはリモコン式電磁誘導。

本日は、桜東→西のラウンド。前半は桜東、セカンドショットの方向が定まらず、アプローチもミスが多く、パットもラインが読めずで、連続ダボ、3Hでパーオンしてパー。しかし4Hロング2打目でOBを出しさらにミスが続いて4オーバー。5Hショートもワンオンしたのに3パット。7Hからショット、アプローチが良くなってきて3連続パーで何とか前半は46回。

後半は桜西、絶好調!!!
1H/短いミドル、ティショット左斜面、セカンドわずかにずれてガードバンカー、大きすぎてオーバー、よらず、さらに3パットでトリプル。
2H/打ち下ろし打ち上げのミドル、セカンド前下がりから残り170ヤードをピン横にナイスオン、パットも決まりバーディ!
3H/同じく打ち下ろし打ち上げのミドル、ティショット左サイド、3打目残り60ヤードをのせて長いパットを決めてパー。
4H/これまた打ち下ろし打ち上げのミドル、セカンドわずかに届かず、よせてパー。
5H/短いロング、ティショット右ラフ、セカンドまずまずで残り100ヤード、ピン横につけて、パットも決まりバーディ!
6H/ショート、カップは2段グリーンの下、左に曲げたがアプローチが傾斜を転がってピンによりパー。
7H/軽い左ドッグレグで途中打ち下ろしのロング、ナイスショットが続いて、ピン奥にパーオン、パットはわずかに決まらずパー。
8H/打ち上げの165ヤードのショート、UTで上手くドローボールが打ててワンオン、6メートルのパットはボール一つずれてバーディならず。
9H/短い打ち下ろし打ち上げのミドル、打ち上げ100ヤード、ピン横に3メートルにつけたが、またまたボール一つずれて止まりバーディならず。
結局1オーバーの37回、最初のトリップルがなければ、最後のバーディが決まっていればと、たらればはあれど今季ハーフベストは嬉しい!

前半は、ショットの方向性が定まらずで苦労したが、途中からフェイス面に注意してセットアップするようにしてから方向性が良くなり狙った方向に飛ぶようになった。後半は、最初にトリを叩き、集中できたのが好結果につながった気がする。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

前半絶好調ながらバンカーで2度叩いて30台逃す「米原ゴルフ倶楽部」

距離はありませんが、広い敷地に池とバンカーが絡んだ変化のあるレイアウトで楽しめるコースです。バブルの香りが残る大きなクラブハウスの前に広がる7番から9番ホールの景色は素晴らしく、食事も美味しい。

アウトスタート、前半は絶好調!
1H/最近は出だしアプローチミスで叩くので慎重にボギー
2H/打ち下ろしロングパーオンしてパー
3H/狭いショート左に外したがよせてパー
4H/セカンドから打ち下ろしの池と木が絡むロング、ティショットOB方向に飛んだがギリギリセーフでボギー
5H/打ち上げの短いミドル、右サイドからよせてパー
6H/ティショットバンカーに入れたが、出して、寄せてパー
7H/クラブハウスに向かっていく打ち下ろしのミドル、綺麗にパーオンしてパー
8H/池が左右手前に広がるショート、バンカーに入れ1回で出せず、短いパットも外してダボ
9H/右サイドに池の広がるミドル、ピタリとパーオンしたがバーディ決まらずのパー
ということで前半は40回、ショートでバンカーで2回叩いたのが残念。

後半に入ると、ややミスショットが出だす。
10H/ティショット右、セカンド左と今一歩ながらボギー
11H/打ち下ろしの池をぐるっと回っていくロング、ティショットバンカーにいれたが、UTでナイスショットしてパーオンしてパー
12H/3打目バンカー越えのアプローチ上手くあげたが、わずかに届かずバンカーのふちに引っかかって止まる、これを上手く打ってピンに寄せたがまさかの3パットでトリプル
13H/左ドッグレッグ打ち上げのミドル、ティショット右で距離が残りボギー
14H/短い池越えショート、ピン奥にのせたが、ぱっとわずかに決まらずパー
15H/打ち上げミドル、上手く寄せたがパパッと決まらずボギー
16H/右ドッグレッグ、グリーン手前が池のブラインドホール、2打目上手く打ったつもりがグリーン横のバンカーに入り1回で出せずダボ
17H/ショート、まっすぐ飛んでピンをかすめて転がり奥のエッジ、パターで打ちきれず、さらに3パットでダボは計算外
18H/左側に大きな池が続くロング、セカンドややミスしたが、パーオンさせて、パットがわずかに届かずでOKパー
後半は46回、2箇所のバンカーで1回で出せず、短いパットを外しての3パット2回がもったいない。

グリーンに、タッチはバッチリ、ラインも悩むことなく、3パット2回はあったが、外しごろのパットを何本も決めているので相殺。このコース最近相性が良い!

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑