ラウンドレポート'19 INDEX

最後で崩れて80台ならずでがっかり「千葉よみうりカントリークラブ」

先日のラウンドで割引券をゲットした方のおこぼれにあずかってラウンド。先日はAグリーンだったが、本日は短めのBグリーン。早いスタートして空いておらず久々の7時30分ティオフ。

前半は、ティショットまずまずで、最初のうちはセカンドが今一歩だったが、途中からよくなりパーオンも3つ、パットは距離感よし。パー4、ボギー3、ダボ2で43回。グリーンの読みも迷わずで今日は80台はいけそう。

後半、10Hティショット大きく右に曲げて隣のホールでワンペナ。アプローチもミスして5オンで下り10メートル以上の長いパット、これが入ってしまいボギーはラッキー。その後もグリーンを狙ったボールがグリーンに行かず、アプローチ寄らずでパーが取れずでボギーの連続。17Hロング、3打目グリーンまで100ヤードながら前方に木が2本、うまく打ったつもりが手前の枝に当たってポトリ、アプローチざっくりでダボ。それでも最終ホールボギーで80台。最終ホールはこのコースの名物の下りの傾斜が強いショート。ティショットチョロ、セカンドもエッジ、上りのパットも届かず、さらに3パットしてまさかのトリプルで今日も80台はならず。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

まずまずのゴルフながら、90切りできずで残念「小見川東急ゴルフクラブ」

連チャンのゴルフ。天気は前半は快晴で日差しも暖か、後半は太陽が隠れるとやや寒い。比較的ゆったりとしたコース、グリーンは大きく、縦長で2段グリーンが多い、本日は10fで上からのパットはなかなか止まらないが、朝のパッティング練習では距離感は良し。

アウトスタート、1Hミドルティショット飛距離も出てまずまず、セカンドでうまくのってパー、3H3パットでダボ、5Hロングティショット曲げて左ラフ、セカンドナイスショット、打ち上げのグリーンの大きめのクラブでのせてパー。ボギペースできて9Hティショット池越え、グリーン手前にも池のミドル、ティショットナイスショット、セカンドで池越えグリーンを狙って力が入って池ぽちゃでダボで前半は45回。

後半になっても今日はティショットはまずまずでパーパット決まらずのボギーペース。13Hよせてパーとした次の15Hパーオンしたのに3パットでボギ。15H右手に大きな池のミドル、セカンドでグリーン横まで運びながらアプローチざっくりでダボ。
16Hをホールアウトしたところでカートが動かない、周りを見ると他のカートも動いてない。どうも誘導ケーブルの断線らしく、しばらくして鍵が届けられて自走。最優ホールパーでなんとか80台、しかしティショット右に曲がってバンカー、出すだけ、3打目でのせたがグリーン奥、2段グリーンの上からのパットはわずかにずれて大きくオーバーでダボで結局46回で91回。

全体的にはまずまずのゴルフ、パットのラインも距離感もバッチリでほとんどがOK、何本か決まっていれば、80台がいけたかも。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

8年ぶりのラウンド、広々したコースだが「鎌ヶ谷カントリークラブ」

自宅からは距離的には一番近いコースだが実に8年ぶりのラウンド。東、中、西の27ホールの広々とした林間コースだが、距離もあり、罠もいっぱいで難易度は高い。西コースは、アップダウンがあり、砲台グリーンが多くやっかい。東と西は広々したホールが多い。本日はコーライグリーンで距離は長め。

本日は5組のコンペで、西→東コースでのラウンド。スタートホールのロングは、ナイスショットの連続でパーオンしてパー。次の190ヤードのショートもグリーン手前2メートルまで運んでよせてパーと順調な出だしだったが、3H、4Hでダボ、トリと乱れて失速、9Hロングはパーオンしてパーとして前半は46回。

後半に入って、最初のホール長いパットが決まってパーで気持ちの良いスタートだったが、その後はショットの方向性が悪く、隣に打ち込んだり、林の中だったりで、グリーンが遠くて、ダボを量産、さらに8Hでジグザグに進んでトリプルまで叩いて結局49回。

やはり距離の長めのコースで、無理して狙って自滅した感じで、冷静な攻略が必要。後半は、ミスショットが多かった。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

2打目以降でミス連発で久々の100越え「房総カントリークラブ房総ゴルフ場東コース」

昨年の全日本プロゴルフ選手権開催コース。昨年終了後に大会と同じセッティングということでラウンドして大叩きしてそのリベンジ。しかしリベンジならずで今回も大叩き。

ティショットは、まずまずだったが、今日はセカンド以降が、湿った芝にうまく打てずで、思った方向に行かず大苦戦。ダボ、トリスタートだったが3H長いロング、パーオンしてパー、次のショートものせてパーと取り返したが、6H、7Hとティショットばっちりながら、それ以降が思った方向に飛ばずで連続トリで、結局前半は51回。

後半に入っても、なかなかパーチャンスが作れずでボギーペース。14H池に半分囲われた難しいショート、池ぽちゃ、さらに乗らずでトリプル。15Hもバンカーに入れトリプル、最終ホールは途中クリーク越えのロング、ティショット、無理して飛ばそうとしてチョロ、刻んで、うまくクリーク越えをしたが、そこからまた気にあて、アプローチ届かずでトリプルで後半はパーなしで53回。

今日はトリプルが6回、後半はひとつもパーが取れずで、これでは100切りは難しい。ラフでボールが沈むと打ちにくい、それ以上苦手のべちゃっとしたフェアウェイとグリーン周りでうまく対応できなかったのが敗因。苦手だと思う気持ちが、さらに流れを悪くした気がします。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ドライバーが不調、アプローチで凌いだが・・「習志野カントリークラブ キングコース」

今年10月に日本初の米国 PGA TOUR 「ZOZO CHAMPIONSHIP」の会場に決定してコース内のあちこちで改修中だが、プレーにはさほど影響がない。本日は久しぶりのキングコースでインスタート。

10Hティショット久々にチョロ、まあ最初だけと思ったが、今日はドラーバーが全くまともなあたりがなし。いろいろ調整したが戻らず。FWとアイアンはまずまず、アプローチは絶好調でなんとか、ドライバーの不調をカバーしてスコアは100オーバーせずに済んだ。

前半14Hでセカンドチョロってバンカー、バンカーから無理してユーティリティで打ってあごに当ててトリプルとしたが、それ以外はアプローチでよせて14パットで46回。後半は、3Hショート、ティショットOBで打ち直してトリプル。5Hパーが狙える位置にボギーオンしたが、パーを取りに行って大きくオーバー、行ったり来たりで4パットでトリプル。ティショットがうまくいかずでボギーオンもせずにダボも多くて49回。

とにかくドライバーがおかしい。家に帰って何がいけないか考えてが、おそらくはボールの位置の問題なような気がする。以前タイに行った時全くドライバーが急に当たらなくなり、同伴者が9ホール終わったところでボールの位置がいつもより真ん中になっていると指摘され、修正したら復活したことがある。次回はボールの位置を要注意!

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

よせ、パット絶好調ながら2ホールの大叩きが残念!「長太郎カントリークラブ」

曇りで気温が上がらない予報が良い方に外れて、太陽も出て気温も上がって風もなくコンディションは最高。フェアウェイは広めで、適度なアップダウンのあるコース。本日はグリーンが早いセッティングで、下りが止まらない。

インスタート、10Hロング、12Hショート、アプローチでよせてパーと順調。しかし13H右ドッグレッグミドル、ティショットフェードをかけすぎてOB、前進4打はピン方向に真っ直ぐ飛んだが奥にオーバー、アプローチうまく打ったがカップの横を通過して早い下りで止まらずグリーンの外へ、アプローチも寄らずでダブルパー。ここで踏ん張って14、15Hと連続パー、さらに17Hミドル2打目打ち上げをピン横にのせてパットも決まりバーディ。前半は、ダブルパーを叩きながらもアプローチとパットが好調で13パットで42回と上出来。

後半に入って、ドライバーが安定したが、アプローチ、パットが前半ほどは決まらず、ボギーペース。4Hでアプローチをトップして大きくオーバーで奥の斜面、ライが悪くざっくりもありでトリプル。傾斜が厳しいとスタッフの人が教えてくれた7Hミドル、セカンドを傾斜の上のエッジ、パターで触っただけでピン横につけてナイスパー。8Hもギリギリにパーオンして、長いパットをピタリとつけてパーで後半も44回でトータル86回でまずまず。

何回かミスショットはあったがうまくリカバリーでき、とにかく早いグリーンに対して、アプローチ、パットが絶好調なのが大きい。OBとアプローチミスの2回のショットミスがなければ、80台前半は楽勝だったのが悔やまれる。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ドライバーは今一歩、さらに高速グリーンに苦戦「上総モナークカントリークラブ」

大きなワングリーンのゆったりとしたジャックニクラウス設計のコース、モナークは帝王という意味。数年前にオーナーが変わり、コース整備を進めている、どうもクラブハウスの建て替えするらしい。

アウトスタート、最近調子の良かったドライバーが、時折ナイスショットはあるものの、うまくコントロールできない。今日はとにかくグリーンスピードが早く、下りは転がりだすと止まらない。前半は、ミスショットがでるものの、なんとかリカバリーしてボギー。パーチャンスは、3パットしてボギーとなかなかパーが取れず、パーはひとつで45回。

インに入って、10Hロング順調にパーオンしてパー、11Hミドルもパーオンしたが3パット、12Hショート右に流れてバンカー、1回で出せず、さらに寄せきれずでトリプル。13Hティショットバッチリ、セカンドは大きなクラブでオーバー、アプローチ載せたが、下りのパーパット狙いにいって大きくオーバー、さらに行ったり来たりで4パットでまさかのトリプル。その後は、なんとか持ち直したが、なかなかパーが取れずで結局後半は49回。

夕方から雨の予報が早まって、途中ポツリ、ポツリときたが、なんとかさほど濡れずにホールアウト。まだまだ、ショットミスが多い。トップ、ダフリではなく、ヘッドのセットアップ、ボールの打ち出し方向のミスによるケースが多いのが課題。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

雪もちらつき寒い中、途中崩れたのが残念「千葉よみうりカントリークラブ」

いろいろドタバタしていて、1週間ぶり?のラウンド。5年ぶりの千葉よみうりカントリークラブ、予約サイトに枠を出していないので予約する機会が少ない。雨予報が曇りに変わり決行、なのに途中から雪がちらつき、最後は雨、と予想外の天気。

コースは、アップダウン、ドッグレッグのある丘陵コースで、東京よみうりの18番をそっくりそのまま再現したショートが売り。本日はメインのAグリーンで、距離は長め。

アウトスタートで、ティショットは良い感じで飛距離もまずまず、パーオンしないがアプローチでよせるが、パーパットが入らずのオーケーボギーの連続。5Hで長いパットが決まりパー、その後も寄せワンのパーが続いて、あがり2ホールもボギーオンをのがしたが、よせてワンパットのボギーで、前半は42回でまずまずのラウンド。

インに入って、11H左ドッグレッグミドル、フェードが大きくかかってOB、前進4打でピン奥1.5メートルにナイスオンしたがまさか3パットのトリプル。12H2打でグリーン手前まで運びながらアプローチをトップしてダボ、13Hも3パットしてダボと悪い展開。14Hティショット今一歩ながら、セカンドで打ち上げ170ヤードをピン横にパーオンさせてパー。15Hショートもナイスオンでパーと復活。あがり3ホールもボギーで上がって後半は47回で、何とか80台。

本日は11Hのミスが全て。全組が左ワンペナに入れているのをみて、そちらを避けて、右目に打って曲がってOB。さらに前進ティから完璧なショットでリカバリーしたの下のラインを強く打ちすぎて3パット。そのあとも2ホールもこのミスを取り戻そうと無理してスコアを崩した。冷静にリスク管理できなかった。



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ドライバー、アプローチ上出来!「グレンオークスカントリークラブ」

ドライバーがどんどんフェードが強くなっていくので、ドローの打ち方をネットで検索してみると、ヘッドを被せ気味にして右に打ち出すとのこと。そういえば以前はかなりヘッドを被せ気味にしていたが、最近はスクウェア気味になっていたかもしれない。早速試してみると、ドローにはならないがほぼストレート、最大の効果は飛距離が伸びた。

グレンオークスは平日は安いプランが直前に多く、本日は食事付き税込みで6200円と格安。インスタートで、10Hドライバーナイスショットで200ヤード越え、残り170ヤードをのせて、バーディー逃しのパー。しかし次のグリーン手前が池越えのロングティショットがバンカーにつかまり、刻んで、谷越えは成功したがガードバンカー、さらに3パットでトリプルで帳消し。12Hまたまたティショットバンカー、しかし今度はナイスオンでパーとリカバリー。そこからは、今一歩の内容ながら、大崩れはなく、前半は46回。

後半に入ってもドライバーは引き続きまずまず。4Hロングティショット引っ掛け、セカンドチョロで5オンしてダボとしたが、次のショートは、ピン横につけてバーディ、その他のパー3つも全て寄せワン、他もパー逃しのボギーとアプローチ絶好調で後半は41回と上出来で、80台で終了は嬉しい!

スタンスとヘッドの向きをちょっと変えただけだが、効果は絶大。ドローを打とうとすると引っ掛けなっていたのは、おそらく、ヘッドを被せて、ストレート方向に打っていたからかもしれない。最近はフェードは曲がり幅を含めて調整して打てるようになってきたので、ドローも調整して打てるように挑戦してみたい。



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

久々のコース、大叩きなく久しぶりの80台「総武カントリークラブ 印旛コース」

実に調べてみると7年ぶりのラウンドの印旛コース。フラットな林間コース、アウトの最初に池が絡むホールが続くが、その他は池絡みはなし、曲げても林の中か、隣のコースから打てるホールが多く、OBは少なめ。ガードバンカーのひとつがグラスバンカーに変更されている感じがする。

アウトスタートで2組目。最初の2ホールは待ちながらのプレーだったが、途中からはスイスイ。ドライバーはフェード気味だがまずまず、アプローチでそこそこにつけるがパーパットが決まらずのボギーペース。4Hショートでアプローチをよせてパー。7Hやっとパーオンしたが距離のあるパットを寄せきれずで3パット。8H林に入れてドタバタしてダボ。9Hパーオンしてやっとパーで前半は44回。

後半は前の組の方が、追い立てた気はないが先にどうぞということで、前はガラ空き。10Hロングパーオンしてパー、11Hミドル寄せてパーと順調。12Hまたまた林に入れてダボとしたが、それ以降は前半と同じくよせてパーパット決まらずのボギーペース。あがり2ホールは、上手くよせて1パットで連続パーで後半は42回で久々の80台。

本日は、ティショットが何本かミスしたが、そのあとはなんとかリカバリーして、アプローチがまずまず、パットも決まらないが距離感はよく危なげないゴルフでした。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

帰国第一戦、前半は雨ながら後半はあがって「デイスターゴルフクラブ」

暑いタイから戻って、早速ラウンド。午前中は曇りで昼ごろ小雨の予報が、ラウンド開始後から降り出した。1日雨かなと思ったが、後半は雨が上がってラッキー。雨予報にキャンセルが多かったのとのことでガラガラ。

前半は東コース、ドライバーは今一歩、1H3パットしてダボ、2Hパーオンしてパー。なかなかパーが決まらずでボギーペースで47回。後半は西コース、ややショット復活気味で、パー、ボギー、パー、ボギーと良い感じだったが、5H2打目ナイスショットながらわずかにずれてサイドバンカー、出すだけ、3パットでトリ、7H池越えショート、ミスショットで引っ掛け、斜面を戻って池ぽちゃでダボ、8Hミドル2打目ナイスショットながらまたまたサイドバンカー。ショットはまずまずながら少しずつ方向がずれて残念。結局後半も47回。

タイで調子を崩した後遺症が残っている感じ。もっと自信を持って振り抜くことが重要。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー7日目:最後は暑さ強風「SPRINGFIELD ROYAL Country Club」

最終日は、ホアヒン郡の隣、チャアム郡の丘陵に位置するエリア屈指の名門コース、ホテルから30分で到着。ジャックニクラウスが手がけたコースで、独特の景観美と難易度を誇ります。敷地内には豪華なヴィラやスパ、ホテル棟が完備されてます。
マウンテン、レイク、バレーとそのコースの特徴がそのままコース名になっている27ホール、池やクリークといった水のハザードに、ジャックスタイルの大きなバンカー、そして自然の起伏からうまれたナチュラルなハザードが巧みに配された、見た目にも美しい戦略性に富んだコースとなっている。

今日はこのツアーの中で一番蒸し暑く、風も強い一番厳しいコンディションの中、全てのホールを回る1.5ラウンド。ショットがやっと戻ってきて、やっとタイの芝にも慣れてアプローチもまずまず、しかしグリーンは多量に砂が入っていて転がりが読めない。
マウンテンは、出だしバンカーに入れドタバタしてトリスタートながら、2Hロングパーオンしてパー、その後はパーパットがなかなか決まらずのボギーの連続で46回。レイクもパースタート、名前の通り大きな池の周りを回るコース、4H池に入れトリ、9H浮島グリーンのロング、セカンドまでは完璧、しかしここどちょろったが池の手前でセーフでダボ。
ランチを食べてからバレー、暑さもきびしき疲れもピークながら、パースタート、しかし次のホールはバンカーにつかまりトリプル、6Hでもは4パット、その後もパットが決まらず50越えで終了。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー6日目:壮大に広がる人気のコース「Banyan Resort & Golf Club」

ホアヒンの街から20分、ブラックマウンテンと同じ頃にオープンした、パイナップル農園の中に造られ、自然の地形を生かした丘陵コース。クラブハウスもタイ様式のモダンなデザインでゆったり造られている。コースを見渡せるレストランも心地良い。G P Sナビが全カートに装備されているのもありがたい。

スタートホール、ナイスショットと思ったら、池が切れ込んでいて池ぽちゃ、そこから170ヤードの打ち上げを上手く乗せたのに4パットのトリプル。次のショートも2段グリーンの奥にのせたが3パット。3Hロングはパー。4Hショート長い池越えのショート、届かず、アプローチトップして奥の崖下、ここから打てども打てども届かずで6オンでまさかの5オーバー。5,6Hは寄せてパー、8Hロングはパーオンしてピン横にパーオンしてバーディ。出入りの激しい内容でアウトは46回。インに入って11Hでショットが当たらなくなり、おまけに3パットで9回。途中3連続パーもあっtが、3パットも多くて後半も46回。結局、3ホールで+12叩きながらも92回。

クラブハウスからはコースが一望できて、風も抜けて気持ちが良いコースでした。



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー5日目:世界100に選ばれた「ブラックマウンテンゴルフクラブ」

4ラウンド目は、世界100の選ばれているブラックマウンテンゴルフクラブ。山間部に広がるコースだが、雄大な地形の中に、クリーク、池が配置されて、メンテナンスも素晴らしいコース。2年ぐらい前に新しく9ホールがオープンし、EAST、NORTH、WESTの27ホール。新コースのWESTの周囲は別荘などをが建築中でさらにきれいになりそうです。

ラウンドしているのはほとんど欧米人で日本人の姿はほとんどなし。とにかく景色が素晴らしく、絵になるコースです。ティは61、65、72などと番号表示、後で気づきましたがコースの総距離のようで、白ティ6100ヤード、青ティ6500ヤードいった感じです。65番を選択したんですが、距離がしっかりあって、ミドルの2打目はほとんど200ヤード以上の距離が残ってしまいました。

コースはアップダウンがありますが、 EASTコースは比較的平坦で広々、NORTHコースは山側でアップダウンがあり、WESTコースは、リンクス風です。タイに来て調子がおかしくなっていたショットはやっと復調してきましたが、アプローチとパットがなかなかタイの環境に適応できず、トリプルを連発して90切りには程遠いスコアでした。



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー4日目:まさかの5オーバー「PALM HILLS Golf Resort & Country Club」

本日はホアヒンの街の北側にある、5000本のパームツリーに囲まれた、整備されて広々とした景色の良いコース。ホテルから20分程度で到着。全体的にはフラットだが、多少のアップダウンがある。グリーンは傾斜があり、距離感が難しい。

ショットはまだまだしっくりせず、アプローチも上手くいかず、さらにパットがボール1つラインが違って、なかなかパーが決まらずで、ダボとボギーの繰り返しで前半は51回。後半に入って多少持ち直したが、相変わらずパーパットがカップの右を抜けて決まらずでボギーペース。最終ホールここをダブルパーでも90台と言ってしまったのがいけなかったのか、ティショット飛ばず、チョロってバンカー、バンカーでダフって、さらに2回ざっくり、アプローチはトップしてグリーン奥でやっと6オン、長いパットを3パットして何と9回で49回でトータル100回でまたまた100切りならず。



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー3日目:今日は7連続ダボで撃沈!「シーパインゴルフコース」

2ラウンド目はホアヒンで唯一の海沿いにあるコース。2010年にオープンで軍の敷地内に作られており、フラットで広いが、クリーク超えや大きなバンカーがレイアウトされ、グリーンも大きく、海沿いで風もあり難易度は高い。ホテルからは15分ぐらいで到着。軍の敷地内らしく途中軍人さんが敬礼でお出迎え。

本日は、昨日よりもティショットはスライス気味で狙ったところに行かず。パットも距離感が合わずでストレスのたまるゴルフでした。半分のホールが池越えのあるレイアウト、池には1発のみだったが、ショットがバンカーにつかまり、アプローチがよらず、パターも距離感があわず。

前半は、ダボ、トリ、トリのスタートながら、それ以降はショットが持ち直しボギーとパーで48回。スルーで後半、右にワンペナでさらにアプローチミスしてトリプル、12Hから、ティショットを曲げ、良い当たりがバンカーにつかまり、アプローチミス、3パットととにかくマイホール何かが上手くいかずで7連続ダボとで54回で100越え。

帰りにタイの歴史的人物の7つの大きな銅像のあるゴルフ場のすぐそばの公園に立ち寄って見学。



ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー2日目:まさかのシャンク連発「ロイヤルホアヒンゴルフコース」

最初のラウンドは、タイで最初にできた元は王様のコース「ロイヤルホアヒンゴルフコース」、ホアヒン駅の裏にあり、ホテルからは車で10分もかからない。コースはフラットな池のない林間コース、フェアウェイは野芝な感じでフラットではあるが、砲台グリーンもあり、多少のアップダウンがある。

パッティング練習する暇もなくスタート。朝多量に散水をしているので、フェアウェイ、グリーンがウェッティ。最初のうちは、ドライバーが好調で、良い感じだったが、前半途中から、当たりが悪くなり、7Hでシャンクがでると止まらなくなり、おまけに転がった先が木の根元のブッシュに飛び込みアンプレを連発で、7Hからトリ、ダブルパー、ダブルパーで前半久々の大叩きで55回。
後半に入ってもショットが不安定、12H短いミドルでまたもやシャンク連発でダブルパー。13Hでやっとパー、15H540ヤードのロングをパーオンしてパー、16H200ヤードのショートもドライバーで打ってピン横のエッジで距離はピッタリでパーとやっと復調かと思ったが、17Hまたちょろちょろしてトリプル、18Hは3パットしてしまい、後半も50回で久々の105回の大叩きでがっくり。

トップスタートでスイスイと回って、カート乗り入れ、3サムということもあり、1ラウンドを3時間ちょっとでホールアウト。本日のキャディは、男性でそのへんのおっさんかと思ったが、ラインの読みは正確、シャンクの際も修正の仕方を教えてくれるなど大助かり。最近好調だったので、まさか最初でつまずくとは思っていなかったが、明日からは仕切り直しでチャレンジです。


ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー1日目:今年は、LCC利用で、王様の避暑地ホアヒン6ラウンド

今年もタイゴルフツアー、今回はバンコクから240キロ南のタイの王族の避暑地ホアヒンで6ラウンド。飛行機はシンガポールのLCCスクートのビジネスクラスを自分たちで予約して、ホテル、ゴルフ場は現地の手配会社にお願いしました。スクートはドンムアン国際着で、ホアヒンまでは3時間強の予定でしたが、まさかの運転手さんが道を間違えて4時間強かかってしまい、最後は自分たちがナビしながら何とか到着、両替所も閉まってしまい波乱のスタートとなりました。

ホアヒンは以前爆破テロがあったり、日本人の団体がビーチで裸で騒いで話題になった場所です。バンコクより南ですが、平均気温はバンコクより低くて過ごしやすく、良さげなゴルフ場も街の近くに点在しているとの事で決定。市街地もコンパクトで、あまり日本人の姿はなく、車の渋滞もなく、おすすめな感じです。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

強風の中ショット絶好調で今季ベスト!「市原ゴルフクラブ 柿の木台コース」

快晴ながら北風が強く寒い中でのラウンド。距離のない樹木でセパレートされた丘陵コース。

1Hアプローチをよせてパー。2H打ち下ろしのショート、ピンが右サイドで左サイドにワンオンしたが3パット。4Hロング、3打目残り120ヤード木越えをのせてパー。5Hミドルティショット引っ掛けたて大きく右、木に当たって戻ってラッキー、3打目でエッジまで運び、パターで打ってカップインしてパーは上出来。7Hショート左に外したがアプローチを寄せてパー。名物のグリーン手前に左から池が張り出している8Hロングホール、ナイスショットの連続でパーオン、バーディパット決まらずのパー。9Hパーで30台のプレッシャーにも負けず、パーオンしてパー。前半は39回とこの風が強い中では出来過ぎ。

後半、10HティショットミスってOB方向、木に当たってラッキー、2打目はナイスショット、しかし3打目、4打目をミスして5オンで痛恨のトリプル。このまま崩れるパターンだが、11Hロングアプローチを寄せてパー。12Hショートバンカーに入れたが上手く出してパー。13Hグリーン手前に池、2打目大きくオーバーしたが、奥から上手く寄せてわずかに決まらずでボギー。14Hロングはパーオンしてパー。15Hショート1オンしたが最後短いパットを外して3パットのボギー。16H短いミドルはパーオンしてパー。17H、18Hとアプローチよせたがパーパットが決まらずボギーで後半は43回。

10Hのトリプルが悔やまれるラウンドだが、それ以外では大きなミスもなく上出来。来週月曜日から1週間タイのホアヒンにゴルフツアーに出かけるが、タイのゴルフ場は風も強いが、今日のゴルフができれば好結果が期待できそう。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

バーディ発進ながら、後半出だしで9回叩いてがっくり「太平洋クラブ市原コース」

このコースは2年ぶりのラウンド、フラットで広めのコースですが、池あり、ガードバンカーあり、ドッグレッグありでレイアウトに変化のあるコースです。朝は冷え込んだので、フェアウェイは白く、グリーンも凍っていそうで心配でしたが大丈夫でした。

1Hロング、ティショット、セカンドまずまずで残り100ヤード、のせたが転がって奥のエッジ、下りの10メートル以上のパットが入って本年初のバーディ発進。3Hショートは引っかけて左手前木の下でライが悪くダボ、4Hミドルはティショット良い方向に飛んだがバンカーにつかまりダボ。5Hはまた長いパットが入ってパー、6H池越えショートは上手く乗せてパー、しかし7Hロングは3打目右に出てカート道をはねて奥のバンカーでダボ、8Hミドルはまたまた長いパットが入ってパー、9H3打目のバンカーショットを大きくオーバーさせてダボ。前半は、パーとダボの出入りの激しい内容で44回。

10Hティショットチョロ、セカンドバンカー、FWで打ってナイスショット、アプローチミスしてバンカー、出すだけ、そこそこの位置に6オンしたが、3パットしてまさかの9回。12Hショート、オーバーしてバンカーに入り位置が悪く上手く出せずにダボ、14H途中に池のあるミドルはティショット右の斜面下に打ち込みドタバタしてダボ。3ホールでパーオンのパーとしたが、出だしの大叩きをリカバリーできずに後半は47回でまたまた90オーバー。

今日はとにかく前半は、久しぶりに長〜いパットが面白いようにスポスポ入って助かりました。スコアを崩す原因はバンカーに入れた場合が多い、バンカーに入れないゴルフだけでなく、バンカーショットの克服も今年の課題にしたい。
本年4ラウンドでアベレージ89.5。次回はなんとか90切りしたい。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ショット不安定、OB2発、池ぽちゃ2回でがっくり!「ラヴィスタゴルフリゾート」

初打ち週間第3弾、南欧のリゾート風のクラブハウスのコース。ちょっと風邪気味で寒気のする中でのラウンド。

前半はインコース、ショットはまずまずだったが、アプローチをミス、パーが狙えるところで取れず。11H3パット、13Hはティショット引っ掛けてOB、14Hは池ぽちゃ2回とショットが乱れてダボ量産。途中からショット、アプローチは復活したが、パットが決まらずでパーが取れずで47回。

後半になって、ショットはまずまずで、途中まではよいペース。6Hショート、ちょろってさらにダフってバンカーでダボ。7Hロングナイスショット連続でピン横5メートルパーオン、バーディを狙いに行って3パットでパーが取れず。8H2打目右に出てOBでトリプル、9Hティショット飛ばず、残り180ヤードを載せたが、奥のピンにパットを寄せきれず3パット。結局後半も47回。

ラウンド中は、年明けから好調だったショットが不安定と思っていたが、後で考えるとそれほど悪くない。OB2回と、池ぽちゃ2回、3パットの3回で8打。これがなければ、まずまずのスコア。本日はややネガティブな心理状態でのショットが多くミスショットが多かった、ポジティブシンキングで次回はチャレンジ。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑