2018年02月 INDEX

80台で行けるはずが、絶壁のバンカーでギブアップ!「デイスターゴルフクラブ」

明日は春一番で荒れる予報だが、本日は気温も上がってゴルフ日和。クラブハウス前の広々とした景色の素晴らしいコース。フェアウェイも広くのびのびと打てるホールが多いコース。グリーンは10.5Fのセッティングで速い!

前半は東コース。最近好調だったドライバーが不発で右目に飛び出し、アイアンは引っ掛かり気味。8HでティショットOBでトリプルとしたが、9H、2段グリーンの下から超ロングパットが決まりパーで45回。高速グリーンにタッチがあっているようで久々に長めのパットが決まって前半は14パット。

後半は西コース。ドラーバーが復活して1H以外は、フェアウェイキープまたはワンオン。アイアンの距離感もまずまずで6ホールでパーオンして、3H短いミドルはピン横につけてバーディ。しかしそれ以外は方向性が悪く、カップまでの距離が残って4ホールで3パットは残念。
それでも80台は大丈夫と思っていたが、8Hバンカー手前の絶壁バンカーに2打目で放り込み、壁にピタリ、アンプレすれば良いのに打てども打てでも出せずでギブアップ宣言で12回。最終ホールロング、ドライバー、FWがナイスショットで残り110ヤード、しかしアプローチショート、1stパットもショートして3パットでボギーで50回。

アンプレイアブルは1打罰で1クラブレングス以内にドロップと思い込んでいたため、それでは壁を超えそうもないので無理をしたが、今更ですが、後で調べると、A:1打罰で2クラブレングス以内、B:ボールとピンを結んだ線上後方、C:元の位置に戻ってプレーを続行できるが選べる、ただし、バンカー内の場合はC以外の場合は同じバンカーの中に落とさなければならないとのこと。2クラブだったらアンプレを選ぶべきでした。反省!!!



ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

帰国初戦、グリーン周り、パットが決まらず「グレンオークスカントリークラブ」

30度越えのタイから戻って一転10度以下でのラウンド。朝うっかり高速を別方面に進んでしまい大回りして到着。天気予報が悪かったせいなのか、ゴルフ場はガラガラ。前も後ろもいない貸切状態でのラウンド。

ティショットは時折ダフってミスショットもでるが、当たればまっすぐ飛距離もでていい感じ。しかし今日はとにかくアプローチがよらずパットも入らない。インスタートでボギーが続き、18Hでやっと初パーで45回。

後半に入って、今度はティショットもダフりのミスが続き、やな流れ。短いロングとショートで連続パーで一息。しかし6H短いミドル、ティショットまたダフリ、セカンドグリーンを狙っていい感じだったが少し右に出てガードバンカー。このバンカーが砂がさらさらで3回出せず、さらにアプローチもざっくりで何と9回。さたに7Hミドルは4パットでトリプル。9H最後池越えのロング、ティショットバッチリ、セカンドひかけて斜面、ここからグリーンまで130、狙ったがボール上がらず向こう側石にアタて戻って池ぽちゃ、さらに3パットしてトリプルで52回。

まあ寒かっっということで、次回は90切りめざすぞ!!

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー9R 「Panya Indra Golf Club」

いよいよ今回のツアーも最終日。Aコースはラグーンコース、Bコースはパームコース、Cコースはガーデンコースと呼ばれる27ホール。B,Cコースは平日はナイターゴルフも楽しめるコース。ゴルフカートは乗り入れ料金を払えば乗り入れできるが通常カート代金では乗り入れ不可。アンブレラガールという傘持ちキャディが常に待機しているのでモデル体型の女の子を従えてプレーもできる。
混雑することで有名なコースらしく、1ラウンド6時間かかることもあるらしいが、本日は比較的スムーズにラウンドできました。ただキャディの態度は私語が多く、横柄で今回のゴルフ場の中では最低でした。暑い1日でしたが、休憩所は冷房の入っている部屋になっているのは嬉しいですね。

本日はA→Cでのラウンド、白ティでも6600ヤードと距離はたっぷり。スコアはIN 10-18がAコース、OUT 1-9がCコースの結果です。前半はショットはまずまずながらなかなかパーが決まらずのボギーだらけでパーが取れずに48回。後半に入ってもその流れは変わらず。C6のショートでやっとパットが決まってパー。そして最終ホールミドル、太陽も傾き夕暮れ状態。セカンド残り180ヤードでグリーンを狙ったが引っかかって練習場の方に飛んでOB?諦めて暫定球を打ったらこれがナイスオン。グリーの近くに行くと最初のボールが木に当たって戻ったらしくセーフ、これをアプローチでピンハイにのせて、下りのツアーの最後の長めのパットを綺麗に決めてパーは大満足!


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー8R 「The Legacy Golf Club」

サファリワールドに隣接したコースで、ホールによってはサファリワールドのアトラクションの音が響く。大きな池に絡むホール以外には巨大なモンスターバンカーが配置されています。

本日はブルーティからのラウンドで6600ヤードと距離はたっぷり。私のキャディは他のキャディとの仲が悪いようで会話せず、まあラインの読みは正確だったので問題ないですが、カートを離れた所に止めるので仲間となかなか会話できずで困りました。

昨日右に出たティショットは、まっすぐに復活、他のショットもまずまずでボギーペース。前半6Hロングはドタバタして4オーバーとしたが、それ以外はまずまずで48回。後半に入って、12Hショートワンオンでパー、13Hミドルパーオンして長めのパットが入ってバーディ。しかし14H池ぽちゃで、15Hアプローチミスで連続トリプル。しかし池がからむ難しい上がり3ホールを連続パー(18Hはボギーとなっているが本日は池越えのグリーンでパー5)であがって45回は上出来!


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー7R 「Riverddale Golf Club」

2010年にソフトオープンした新しい18ホールのゴルフコース。クラブハウスからゴルフコースが一望でき、フラットな土地を持つバンコクにしては非常に珍しく高低差を付けたレイアウトになってます。このためティショットは打ち下ろし、グリーンへのアプローチは打ち上げといった日本の丘陵コースのようなレイアウトを持つホールが多い。名物ホールは8番ショートホール、182Yと127Y、打ち下ろしと打ち上げの二つのグリーンがあり、打ち下ろしは浮き島グリーン、打ち上げは2メートル近い深さのポッドバンカーのあるグリーン、どちらのグリーンを使用するかはプレイヤーが選択できるようになっている。

今日のキャディは、昨日とは打って変わってとにかく元気でハイテンション。タイにきてから好調だったティショットが、今日は右に流れてまっすぐ飛ばずに2打目のライが悪く出すだけで、さらにバンカーにつかまり、ダボの嵐。途中から雨も降り出し、さらにはスコール状態になり休憩所に避難して20分間中断。今日も何とか100越えはせずに乗り切った。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー6R 「Pinehurst Golf & Country Club」

以前は人気のあったコースだが、水害にあってかなりの被害を受けたとのことで、確かに木が少なく、コースもやや荒れ気味。THE LAKEの名を持つNORTHコース、THE GREEN FIELDと呼ばれるSOUTHコース、そしてWESTコースはTHE FORESTと言われ、それぞれの特徴を現しています。500人のキャディがいるそうで、ゴルフ場の導入路には大きなキャディ用の団地がありました。

本日はNORTH→SOUTHのラウンド、SOUTHは途中ショートが3つ続いてパー35です。、ショットはまずまずだが、パットがなかなか距離感があわずで3パットを連発。着いたキャディさんは22歳で小柄で可愛くて綺麗、しかしあまり喋らないので会話ははずまずで残念。カメラを向けるとちゃんとポーズをとってくれました。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー5R 「Muang Kaew Golf Course」

タイの国際空港の近くのコースで1名帰国のため遅いスタート。以前は市内から近いだけのコースでしたが、全面改装を行い、高級コースになったそうです。平坦なコースですが池やバンカーを巧みに配置されています。チェンマイのハイランドコースと姉妹コースとのことで、キャディさんの制服は同じでした。

昼近くのスタートでとにかく暑いし混んでいて待ちながらのラウンド。前半は、4オーバーの大たたきが2回、トリプル1回ありながら、パーも2つありのでこぼこゴルフで50オーバーで100切りに危険信号。後半に入って11Hでトリプルを叩き諦めムード、しかしここから集中してショットが持ち直し、16Hから3連続パーで持ち直し何とか45回で回って100オーバー回避。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー4R 「Alpine Golf Club」

チェンマイからバンコクに移動して早速ラウンド。2000年にはタイガー・ウッズが25アンダーで優勝したジョニー・ウォーカー・クラシック・PGAトーナメントが行われ、2004年にも同トーナメントが開催された高級ゴルフコース。予約にはメンバー紹介が必要だが、予約業者経由で予約はできる。お値段はお高めだが、手入れの行き届いた非常に綺麗なコース。

ドライバーは相変わらず好調だが、高速グリーンに苦戦して、なかなかパーパットが決まらず。それでも前半は2つパーを決めて45回。後半は、11Hでミスショットを連発してダブルパー、さらにパーが一つも取れずに50回。
コースのメンテナンスはよく、クラブハウスもゆったり、高級感漂うゴルフコースですが、日本人の接待で使われているせいか、キャディは下ネタを連発で、ゴルフにやや集中できずでした。



ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー3R 「Chiangmai Highlands Golf and Spa Resort」

前日のコースの少し先に位置するコース、A.VALLEY、B.HIGHLANDS、C.MOUNTAINの27ホール。ネット上では18ホールとなっている案内も多い。「2015年にアジアのゴルフリゾートトップ3に選出された、タイを代表する高水準のゴルフコース。じゅうたんのようなフェアウェイ、80以上のバンカー、巧みに配置された池など、難易度の高いコース。コースメンテナンスやキャディの質にも定評があるハイクオリティなコースで、チェンマイを訪れた際にはぜひともプレーして頂きたい名門ゴルフ場です。」との案内もある。

本日はA→Bコースでラウンド。相変わらずドライバーは好調。さらにアイアンもきれて、前半はショート2つでバーディながら、ガードバンカーにつかまり大たたきホールもでて47回。後半はまずまずの安定したゴルフで45回。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー2R 「Alpine Golf Resort Chiang Mai」

雄大な山々に囲まれたリゾートの中にあるコース。広い敷地にA,B,Cの27ホール、コースはフラットだが、周りの山や森を見ながらラウンドできる。Cコースは新しくできたコースだが、一部Bコースとコースの入れ替えを最近行ったようで、今回A→Bコースのラウンドだったがあがり3ホールは新しく作られた以前はCコースのホールだったようです。

ティショットは今日も良い感じ。2ホール目で上手くピンそばにパーオンしてタイでの初バーディ。しかし2打目以降のクリーク越えはちょろってクリークへ放り込み前半は46回。後半Bコースになってショットはさらに順調だったが、5Hロング3打目OBを出してトリプル、7H周りが田んぼで囲まれた砲台ショートで田んぼに入れてさらにアプローチミスでトリプル、それ以外はパーとボギーだったので悔やまれる45回。2ホールでの大たたきがなければ80台が出せただけに残念。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

タイゴルフツアー1R 「North Hill Golf Club Chiang Mai」

11日朝に成田を出て、バンコクで乗り換えチェンマイには夜到着。チェンマイで3ラウンドしてバンコクに移動、バンコクで1日だけ休息日を入れ6ラウンドで合計9ラウンドして帰国するツアー。

チェンマイはバンコクよりは涼しいとのことだが、もちろん暑い。1ラウンド目は、North Hill Golf Club Chiang Mai。9ホールのゴルフ場を拡張して2015年に全面改装オープンした新しいゴルフ場なので、クラブハウスはきれい。距離はさほどなく、ハザードも少なめで木々もまだ育っていない。

前半はドライバー含めショットが絶好調!!9Hで当たる予感のした照明塔に当てて池ぽちゃはがっくり。しかし池の横からのせてボギーは満足の42回。しかし後半は打てば池ぽちゃ状態で、4回池ぽちゃで大荒れ53回。何とか95で終了したが、タイのゴルフ場はフラットなため、池が多く配置されているので苦労しそうな予感。


ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ティショット絶好調!トリプルなしで80台「ムーンレイクゴルフクラブ 茂原コース」

日曜から12日間9ラウンドのタイゴルフツアー直前のラウンド。今日はドライバーが好調でまずまず、パットは今一歩ながら、80台で終了。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ロングホールでOB出して大叩き、後半パット入らず!「ラ・ヴィスタゴルフリゾート」

南欧風のクラブハウス、距離は短く変化のあるレイアウトのコース。スタート時点は気温は低いが日差しもあり暖かったが、後半は風もでてやや寒くなってきた。前日庭で練習していた5番アイアンとAWを入れ忘れてしまい、頻繁に使うクラブがない状態でのラウンド。

アウトスタート、1H短いティショットまずまず、セカンドはややトップ気味ながら右サイドカラー、これをパターでよせてパー。順調なスタートと思ったが2Hロング、ティショット右に出て斜面で右方向に跳ねてOBを出してトリプル。3Hショートワンオンしたが3パット。4Hから3ホール連続パーで盛り返したが、7Hロング3rdショットを大きく曲げてOB、さらに3パットして9回でがっくり。結局前半は46回、ロングの大叩き2回が痛い。

バイキングでたらふく食べてインへ。10H400ヤードちょっとのサービスロング、3打でピン横のカラーに運んだが短いパットを外してボギー。ショットはまずまずだが、1stパットをショートして1メートル前後を残し、これがわずかに決まらずの3パットが4回でダボを量産して、47回。

AWを忘れたが、今日はほとんどカラーまでよせてパターで打てるケースが多く助かりました。何回かPWでアプローチしましたがまあ大きなミスはなし。3パット4回は1stパットが打ちきれなかったのがいけません。逆にオーバーして返しのパットはほとんど決まってくれました。パットは少し強めで勝負してみます。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑

ショット絶好調!!終盤3パット連発は残念!「南市原ゴルフクラブ」

翌日のラウンドが今夜からの雪で怪しいのでキャンセルして急遽セッティング。7時台のアウトコーススタートで3組目、組数があまり入っていないようで早めのスタート。

1Hティショットベストポジション、セカンドもナイスショットでパーオンでパー。2H引っ掛け気味だったが上手くキックしてフェアウェイ左サイド、これもパーオンしたが3パット。3Hショートここもナイスショットでカラーだがほぼワンオンでパー。4Hロングナイスショットの連続でわずかに届かず、アプローチをよせてパー。この後もティショットは狙ったところに飛んだが、セカンド以降がややブレてパーは取れずながらボギーで前半は41回と絶好調。

後半に入ってもティショットは絶好調で狙ったところに飛んで行く。12Hショートは140ヤードを綺麗な弾道でナイスオン。13Hロングもパーオンして連続パー。14Hミドルはボギーオンしたが長いパットを打ちきれずで3パットでダボ、15H池越えショートは曲げて池ぽちゃでダボと失速。16H途中にバンカーが横たわるミドル、ピン横1メートル強にパーオン、バーディパットが入らずは悔しい。あがり2ホールはボギーオンしながら短いパットを外して連続3パットでダボで46回は、今一歩。

本日はティショットがとにかくブレないで狙ったところに飛んで大満足。FW、アイアンもミスはあったが、ナイスショットもありでまずまず。パットは距離感まずまずながら、わずかに決まらずが残念。トリプル以上を叩かずで80台はまずまず。このゴルフができれば安定して80台は出せそうな気がする。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑