2018年03月07日 INDEX

前半アプローチミス連発ながら何とか持ち直す「森永高滝カントリー倶楽部」

トーナメントも行われていたゆったりとしたコース。予定のラウンドが中止になり、急遽セッティング。ゴルフアカデミー棟も完成したので一度レッスンを受けてみてもいいかも。

アウトスタート、最近調子の良かったドライバーが今一歩、さらにグリーン周りもミスが続いてダボ、ダボ、さらに3Hティショット引っ掛けてOB、前進4打でのせたが3パットでトリプル、つぎのショートも1オンしたのに3パット。6Hロングも3打目がバンカーに入ってさらに3パットでトリプルと久々の大叩きの予感。ここからアプローチとパットがやや回復して何とかボギーペースに戻して前半は50回。

後半に入って、パースタートで良い感じ。しかし12Hロングでティショットばっちりながら2打目バンカーに入れ、ここからアンプレも含めてトラブルが続いて9回でがっくり。それでも13、15、16Hとアプローチでよせて1パットで決めてパーで持ち直したが、17長いショート、ちょろってさらに届かず、よらずさらに3パットでトリプル。これでがっくりしたのか18HティショットOB。後半はパーを4つとりながら47回で何とか100オーバーはせず。

最近大叩きホールが多い。トラブル後のリカバリーショットを無理してさらに大叩きにつながるケースが多いので注意。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑