2018年05月14日 INDEX

久しぶり、山武杉に囲まれた綺麗なコース「山田ゴルフ倶楽部」

樹齢300年を超える山武杉や樫の木立に囲まれ、クラブハウスはフランス伝統の様式、練習グリーン、パッティンググリーンは広い、綺麗なコース。ドライバーレンジは拡張のため大規模な工事中でクローズでした。

アウトスタート、1Hやや左サイドカート道に当たって距離を稼ぎ、ボギーオンでパーパット決まらずボギー。2H右サイドにパーオン。4Hアプローチうまく寄せてパー。5Hバンカーに入れドタバタしてダボ。6Hショートピンに向かってナイスショットだったが大きすぎてグリーンオーバー3パットしてダボ。崩れかけたが、7H、8Hと連続パーで前半は43回とまずまず。

インに入って、青空が広がり気温も上がって夏ゴルフ。ショット好調ながら、出だし連続で短いパットを外して嫌な流れ。12Hショート曲げて左の深いバンカーに入れてダボ。しかし次のミドルをパーオンしてパーでリカバリー。14H広いので思いっきり振ろうとして引っ掛けて左斜面、これを久しぶりに豪快に空振り、さらに右に打ち出して隣のホールとドタバタしてトリプル。これでリズムが悪くなり16Hショートは池ポチャナガラ前進3打で寄せてボギーとするなどアプローチでしのぐもダボペースで後半は50回。

ショット、アプローチもまずまずながら、無理してせめて自滅。アプローチとパットがいい感じなので、刻んで攻めた方が良い結果がでそう。



ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑