2018年10月03日 INDEX

新FWは良し、しかしスタートホールでつまずき多叩き「森永高滝カントリー倶楽部」

FWのヘッドカバーがボロボロで、塗装もはげてきたので、同じオノフの型落ちのモデルを格安で購入し早速投入。中古より安かったがシャフトはSR、今がRなのでやや不安だったが、朝練習場で打ってみると振りやすく、おまけに最初から良い当たりを連発。

インスタート、10Hティショット右に流れて池でワンペナ、横から打って届かず、打ち上げもショート、エッジからのアプローチはオーバー、下りをうまくのせたが、短いパットを3パットしてまさかの9回とがっくり。11Hミドルは、3打目がトップしてまさかのOB、打ち直してピンそばにつけて何とかダボ。12Hロングパーオンしたのに3パット。13H打ち下ろし池越えのショートでやっとパー。しかし14Hティショットやや右に流れたと思ったら斜面でキックしてそのままころころまさかのOBでトリプルと流れが悪い。
15H右ドッグレッグミドル、セカンド残り180ヤード強ながら斜面がかかりグリーン見えず、新投入のFWがナイスショットでピン横2メートルにピタリ、パットはボール一つ届かずでパーだが、このFWは良い!18Hロングティショットラフに入れ、2回連続チョロ、4打目残り130ヤードをピンそばにつけて何とかボギーとしたが前半は51回。

後半ショットはだいぶ戻ったが、なかなかパーが取れずでボギーペース。6Hティショット右にん曲がって、出すだけでダボ、8H打ち下ろしショート、ピンに向かって飛んだが大きくオーバーしてマンホールの蓋に当たって大きくオーバー、うまく戻したが3パットしてダボ。最終9Hミドル思い切って振ったらフェードしてバンカー、あごで目玉動かすのが精一杯、次にバンカーショットはうまく打てたが、ダボで後半は47回で今一歩。

まあ、新しいFWは予想以上のできだったので良しということにしておきましょう、最近は、最初の方で崩れることが多いので、フェイス面に注意していかなければ。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑