高速道路料金の算出方法を調べてみました INDEX

高速道路料金の算出方法を調べてみました

ETCカードの普及のため、ETC割引なるものがある。今回千葉から長野まで帰る時に、有効に利用しようと思い、以下の計画をたてた。
その前に現状の割引の種類をまとめると
深夜割引:0~4時の間に利用すると4割引
早朝夜間割引:大都市近郊区間の早朝夜間時間帯(22~6時)が5割引。(総利用距離が100km以内に限る)
通勤割引:大都市近郊区間を除いた地域で、朝夕の通勤時間帯(6~9時、17~20時)が5割引。(総利用距離が100km以内に限る)

で、今回は、関越の「練馬」から長野の「更埴」までの利用部分。
新座の料金所を9時前に通過し、練馬から100キロ以内の吉井ICで一度出て、通勤割引を適用させ、長野の更埴ICで降りる。練馬ー吉井は通勤割引適用で2700円→1950円(▲750円)、吉井ー更埴は2900円で合計4850円。やった750円のお得、まあ計算のまるめ誤差があるから、600円ぐらいは得したかなと思ったが、よく考えるといつもと料金が変わらない。帰って調べると練馬ー更埴間は通常で4850円。全く安くなっていない。降りた分だけガソリンと時間の無駄使い、なぜ???

そこで高速道路の料金の算出方法を調べてみました。→高速道路料金の種類と仕組み
これによると、基本は(24.6円/km×走行距離(km)+150円)×1.05(消費税)
*ただし100km~200km部分は20%引き、200kmを超える部分は30%引き。
*その結果を24捨25入で端数処理をし、50円単位にまるめる。

つまり1回降りると150円かかり、降りた事により100キロを超えた割引がなくなると言う事です。ざっくり計算してみます。

■200キロを走行する場合、100キロの部分でおりて通勤割引を使う場合
それぞれが、(24.6円/km×100km+150円)×1.05=2750円
ただし、最初の100キロが50%引きになるので2750円×0.5=1400円、結果4150円。
■200キロをそのまま走行する場合
((24.6円/km×100km)+(24.6円/km×100km×0.8)+150円)×1.05=4800円

■300キロを走行する場合、100キロの部分でおりて通勤割引を使う場合
100キロまでは前述のように1400円。その後の200キロは、前述の4800円で合計6200円
■300キロをそのまま走行する場合
((24.6円/km×100km)+(24.6円/km×100km×0.8)+(24.6円/km×100km×0.7)+150円)×1.05=6600円

どちらも差は小さくなりますが、お得はお得です。私の場合長野までは約200キロなので得するはずなのですが、通勤割引の適用が「大都市近郊区間を除いた地域」という部分で、適用になるのが、東松山ー吉井間なので100キロフルフル半額にならないためです。都心から出る場合は、どうしても適用除外区間を通るので、200キロより遠くにいき場合は、途中で降りても効果がないと考えるべきでしょう。逆に300キロとなると降りない方が良いケースも出ると思います。

それでは、大都市近郊区間が終わったところで降りて100キロ走りまた降りたら、通勤割引を最大限に利用したことになります。
200キロで50キロのところで近郊区間が終わるとした場合
50キロ (24.6円/km×50km+150円)×1.05=1450円
50キロー150キロ 1400円
150キロー200キロ 50キロと同じ
結果 1450円×2+1400円=4300円

結論でいうと首都圏から出る場合は150キロを超えたらあまり降りて乗っても差は少ないということです。最近ゴルフで高速を100キロを超えてでかける事は少なくなったので、あまりかんけいないはなしですね。
さらに安くししたければ、ETCカードを2枚使って・・・・。皆さんいろいろ考えているようです。



お役立ち情報 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:ゴルフフェスタCHIBA2008の募集が開始されました。
次の記事:宮崎みやげは、完熟マンゴー『太陽のたまご』ひとつ○千円也!!

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/10-ac79e5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)