長野遠征1日目/高校時代の同窓会コンペに参加「長野カントリークラブ」 INDEX

長野遠征1日目/高校時代の同窓会コンペに参加「長野カントリークラブ」

高校の学年同窓会のコンペ参加のため、午前3時出発で一路信州へ。外環が開通したので3時間で長野に到着、親戚宅にお土産を置いて、飯綱にある長野カントリーに向かい予定通り7時過ぎに到着。標高1120メートルだが、今年の暑さはここまで来ているが、木陰はさすがに涼しい。

標高が高いのとフェアウェイが硬いのでとにかく飛距離がでて、グリーンオーバー。途中から1番手下げるようにしたがそれでも奥に行く。このコースは、長野の名門コース、戸隠、飯綱、高妻の3コース、高妻はややトリッキーだが、他はゆったりした林間コース。いつもはキャディ付きだが、キャディさんが足りずでセルフのラウンド。芝目のあるコースなのでキャディなしでは芝目がわからない。

前半は高妻でややトリッキーなコース。出だしはティショットの方向が定まらず、パットも決まらず。4H左ドッグレッグのミドル、ティショットが230ヤードぐらい飛んで残り100ヤード強、これをピンそば2メートルにつけてバーディ!ここからパーは取れないが、楽々ボギーまの展開で前半は43回でまずまず。

後半は飯綱コース。1Hロング、3打目右林からグリーン方向見えず、無理して狙って、逆の林の中、さらにグリーン方向に木、またまた無理して打って飛びすぎて隣のティグラウンド、これを戻してトリプル。この後も、ナイスショットなのにバンカーに転がり込んだり、キック悪かったりでダボの連続でボギーすらなかなか取れず。7H距離のあるミドル、ティショット左ラフにチョロ、そこからFWが下をくぐって3連続チョロでまさかのダブルパー。結局後半はパーが一つも取れずで54回と大叩き。

コンペはダブルペリアでハンデがつかず、後半ドラコンホールで思いっきり振って230ヤードぐらい飛んでドラコンゲットは嬉しい。同じクラスの人間とのんびりとラウンドで楽しめました。終了後、120キロ先の蓼科まで移動で本日はゴルフの時間よりドライブの時間の方が長い1日となりました。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:長野遠征2日目/絶好調!ハーフでバーディ3つで77!「蓼科東急ゴルフコース」
次の記事:難コースリベンジ!100切りできました!「ゴルフ5カントリーオークビッレヂ」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/1063-c66b5cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)