後半バーディ2つと絶好調、しかし4パットで!「長太郎カントリークラブ」 INDEX

後半バーディ2つと絶好調、しかし4パットで!「長太郎カントリークラブ」

朝まで若干雨が残りそうな予報。1979年開業、来年1月から5月までクラブハウスの工事のため、スルーのみの営業となるそうです。男子ツアーで活躍した「千葉雑草軍団」の加瀬秀樹などが本陣として技術を磨いたゴルフ場だそうです。

7時30分のアウトスタート、前がいないので早めにティオフ。アプローチ寄せきれず、パッと決まらずの展開。3Hショートバンカーでミスしてダボ、4H上手くよせてパー、7H3パットしてダボ、8H2打目ミスショットながら転がってラッキーパーオンでパー。それ以外はボギーで45回。2時間かからず前半終了で待ち時間は1時間30分。

後半は、各ホール待ちながらのラウンドだが、ショット、アプローチ、パターが神がかって絶好調。
10Hロング/アプローチをよせてパー。
11Hミドル/残り40ヤードチップインしてバーディ。
12Hショート/アプローチ寄せきれずながら長いパットが決まってパー。
13Hミドル/ピン手前にパーオン、4メートルのパットを決めてバーディ。
14Hミドル/ティショット狙い通りながら、ミスショットが続き4オンでダボ。
15Hショート/ワンオンして、パットわずかに決まらずパー。
16Hミドル/ピン手前にパーオン、調子に乗ってバーディを狙ってオーバー、下りが早くオーバー、返し入らずで、まさかの4パットでダボ。
17Hミドル/ティショットミスしたが、パットが決まってパー。
18Hロング/ここまで2オーバー、ボギーで30台。意識したのか2打目以降ミスが続いて5オン。長いパットは決まらずダボ。

後半は、バーディ2つ、パー4つ、ダボ3つで40回、16Hの4パットが悔やまれる。

今日はアプローチ、パットが上出来、ティショットも時折ミスショットがあったがまずまず、FWは今一歩だったが、アイアンショットはまずまず。明後日のコンペは、この調子で優勝を狙いたい。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:前半順調、後半ショット乱れてコンペ優勝逃す「東京国際ゴルフ倶楽部」
次の記事:フェード意識でドライバー安定でまずまず!「一の宮カントリー倶楽部東コース」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/1211-8a7f65e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)