スタート時点は霧、最後で崩れて90切りならず「東千葉カントリークラブ」 INDEX

スタート時点は霧、最後で崩れて90切りならず「東千葉カントリークラブ」

ほぼ5年ぶりのラウンド、前回に続きスタート時点は霧が晴れず、視界が悪い中でのスタート。東西36ホール、東はキャディ付き、西はセルフも可の林間コース。全体的にゆったりとしており、隣のホールとの間も広くなっている。

インスタート、霧で視界不良だが連続寄せワンのパーで順調なスタート。12Hナイスパーオンでパー。13H長めのミドル3打目バンカーに入れダボ、15H池越えロング3打目シャンク気味でその後もグリーン周りでだタバタしてダボ。17H180ヤードロング、ピンにまっすぐ飛んでピン奥4メートルバディパットボールひとつ決まらずパー。前半は43回とまずまず。

後半になって、1Hロング3打目バンカーに入れ出すだけ、寄せきれず、パット決まらずでダボ。2Hはパーオンしてパー。その後はパーパット決まらずで3連続ボギー。6H長いミドルアプローチミス、7Hショートティショットチョロ、8H3パットで3連続ダボ。9Hロング、順調に奥目にパーオン、下りの長いパット決められずパーで47回でトータル90回ジャスト。

ティショットはまずまず狙い通りに打て、アプローチもまずまず。ショートアイアンが時々シャンク気味でバンカーに落ちてスコアを崩しましたが、全て1回で出せたのは良し。

ラウンドレポート'19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:曇り予報が雨でレインウェアでのラウンド「千葉国際カントリークラブ 」
次の記事:前半順調、後半ショット乱れてコンペ優勝逃す「東京国際ゴルフ倶楽部」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/1213-408b4dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)