ドライバーまずまずながら、アプローチミスが多し「ゴルフ倶楽部成田ハイツリー」 INDEX

ドライバーまずまずながら、アプローチミスが多し「ゴルフ倶楽部成田ハイツリー」

来月のコンペの幹事なので、開催コースでの下見のラウンド。昨日に続き強風予報だったが、そこまで強くは吹かずにありがたい。このコースは2回目、接待コースでやや高めのため、いつも空いている今日も20組とのこと。コースは広めだが、レイアウトは変化があり、グリーンはうねっているので難しい。レギュラーティーはブルーで6400とたっぷり、フロントティーでも6100ある。

インスタート、ティショットはキャディさんの指示通りの方向にしっかり打てて調子が良いが、セカンドが不調でなかなかパーが取れない。途中でミスショットが続きダボ、トリと崩れ、前半は50回。
後半2ホール目、ティショット右斜面下、出すだけがバンカー、これが顎にあたって出ただけ、無理してスプーンで打って木に当て戻って、次はバンカー、結局8オン1パットの9回。途中からショットは持ち直すが、なかなかパーが取れない。8Hショートで難しいパットが決まりやっとパー。結局後半も50回。

グリーンはベントだったが、3月中旬からコーライの方に切り替わりコンペはコーライでのラウンドになるらしい。
さて、今週木曜日から、コロナウィルスが心配ながらタイにゴルフツアーに行ってまいります!

ラウンドレポート'20 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:タイ1日目/風が強い中出入りの激しいゴルフ「Burapha Golf & Resort」
次の記事:7回ラウンドしてアベ87と相性の良いコースだが「上総モナークカントリークラブ」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/1234-f85f3277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)