お彼岸なのに暑さが戻った「多摩カントリークラブ」 INDEX

お彼岸なのに暑さが戻った「多摩カントリークラブ」

p100921_2.jpg
しばらく涼しいかと思ったら、今年最後の真夏日との事。本日は、多摩カントリークラブでのラウンド。隣には高層マンション、遠くには都心のビル群を望むロケーションに、広々とした打ち上げ打ちおろしのホールが続く。フェアウェイ、グリーンのコンディションは最高。グリーンは、砲台になっているホールが多く、また、傾斜が読みにくく、難しいと思います。

p100921_3.jpgシャンク脱出をテーマにスタートしましたが、全くシャンクは出ませんでした。左グリップを固めたことにより、スイングが軌道が安定したような気がします。ただし、本日は、ひっかけ頻発しました。まだ、右で振ってしまっているようです。ドライバーは、2発OBはありましたが、まあまあ良い感じでした。
インスタートで、10番ロング4オンするも短いパットを外し3パットでダボ、次のホールはひっかけてOB方向に木に助けられたが、その2打目をOB。5打目をピンそばによせながら2パットでトリプル。その後も、ピンそばによせながらショートパットをことごとく外して、18番でやっと2オン2パットで本日初のパーで、結局前半は、21パットで52。
p100921_1.gif後半は、ダボ、ダボと同じような調子だったが、3番で3打目をピンそばによせて1パットでパーをとってから、パットは絶好調。4番ミドルでは、2打目をグリーン横のバンカーに入れ、ピン方向に低い2本の松。ピン方向を狙って、木の後ろ。さらにピンを狙って、ざっくりで木の根もと。横に出そうとするも、上手く振れずに横に20センチ移動。スタンスがとれず、アイアンを逆さに左打ち。これが見事にピンそば10センチで6オン1パット。
後半は、パーを4つ取りながらも、ボギーなしダボ4トリプル1で47。パットは、なんと1パット6回の12パット。何とも出入りの激しいゴルフでした。

スコアは、今一歩でしたが、シャンクの気配はなく当たりそのものは良い感じですが、右腕を使い過ぎて大きく左にひっかけぎみ。アプローチは絶好調なのに、1メートル程度のパットが入らず、前半は苦しみましたが、後半は、6ホールよせ1と、まあまあでした。
次回は、左腕リードのスイングをテーマに、90前半にチャレンジします。(気持ちは80台ですが・・・)

□+3□△△+3△+3ー/52 □□ー+3ー□□ーー/47 total/99
(○:バーディ ー:パー △:ボギー □:ダボ)


ラウンドレポート'10 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:行きの高速でタイヤがパンクで煙もくもく「潮来カントリークラブ」
次の記事:シャンク克服に向けて400発

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/258-fbcae4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)