スコアーカードの記入法ー検討編 INDEX

スコアーカードの記入法ー検討編

今まで、打数とパット数しか記入をしていなかった。そもそも、スイングが安定しないので、そちらが先と思っていたが、上達のためには、フェアウェイキープ率、パーオン率なども分析していかないと、成長しないとの記事を読み、思いたった。
スコアカードの記入方法に標準はあるのかと思って調べたが、どうも無いようである。
記録する項目は、GDOなどのスコア登録に入力する事は考えると、スコアー、パット数、フェアウェイキープ、パーオン、OB数、ペナルティー数、バンカー数である。GDOには関係ないが、グリーン周り30ヤード以内の状況、いわゆるアプローチの状況も記録できるとよいみたいである。
スコアー・パット数 → これは今まで通りに
フェアウェイキープ → スコアー欄にFと書く
パーオン → パー数字を○で囲む
OB数 → ×
ペナルティー数 → △
アプローチの状況は、パット数の上に打数を記入。バンカーに入れたらBと記入。
明日ラウンドがあるので、このルールでまずは試してみようと思う。結果および改良案をまた書きます。あなたのお進めの方法があれば、教えてください。

【参考リンク】
スコアカードの付け方
スコアカードによるシミュレーション スコアカードの書き方
お役立ち情報 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:セントレジャーゴルフクラブ千葉/距離はたっぷり
次の記事:DVD『ゴルフ上達プログラム』お薦めします!

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/35-06bcb047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)