雨天中止のはずが、結局ラウンド「京カントリークラブ」 INDEX

雨天中止のはずが、結局ラウンド「京カントリークラブ」

昔の部下からまたまた、月例会のための練習ラウンドにつき合ってくれとのお誘い。前日になってどうも当日は雨の模様。昼頃から降り始めてそれから翌日まであがる気配がない。一応、当日朝に判断する事を決定。

当日朝は、既に雨が降り始めている。これはだめだなという事で、中止に決定したが、一旦雨があがると、やはりやりましょうとの電話。昼頃からは、絶対に雨が強くなるよと言っても、どうもやりたいようなので、こんな事なら、朝から予定通りラウンドしていれば、良かったと思いつつゴルフ場に向かう事に。

ちょうど、ゴルフ場に着くと、雨がパラパラ。最終組のスタートで、多少つまりながらのプレー。本日は、アプローチとパターは、かなり良い感じでしたが、前回復活したと思ったドライバーとアイアンは、またまた逆戻りで、全く芯に当たらない。このコースは、結構アップダウンがあり、グリーンへは打ち上げが多く、フェアウェイにもうねりがあり、さらに池も絡んだりと、1打目をちゃんとした位置に持っていけないと、どはまりするコース。まさに、その罠にはまり、午前中は57と大たたき。

午後はさらに雨脚が強くなり、大雨の中でのゴルフ。まだ風がないので、濡れる事を覚悟してしまえば、まあ、それほど気にはならない。相変わらずの調子で、ダボペースでかつ時々大たたきのパターン。このままでは、いけないと気を入れ直して、何が悪いのかを考える。わかってはいるんですが、結局「切り返しが早い」事が原因。どうも、ヘッドをボールに当てようという意識が強すぎると思い、打ちに行くのではなく、ヘッドを走らせるイメージを再確認。
16番ホール380ヤードミドル、そのイメージで仕切り直し。ドライバーはやや右ではあったが210ヤード、残りピンまで190ヤードをスプーンで軽く打ったが、弾道は良く、グリーン手前10ヤードのラフ。ピンまで30ヤードをアプローチでピン横3メートル。これをきれいに入れて本日初のパー。その後は、ショットが復活し、ボギー、ボギーでは、あったが、まあまあ満足のショットの連続で何とか52で終了。

雨が影響したという部分もありますが、それ以上に、テイクバックがまだまだ、駄目です。まだまだと思うのに、切り返してしまい、結局腰も開いて、手が前に出てという状況になってしまってます。
「ゴルフは、スウィングをした時に下りてくるクラブヘッドが一番良い状態でボールにインパクトする位置に自分のアドレスをセッティングする事で、決して自分からボールは打ちに行くものでは有りません。」と言う事をサイド肝に命じます。


ラウンド40/□□+4△□+4□□□/57 □△+3+4□□ー△△/52 total/109
(○:バーディ ー:パー △:ボギー □:ダボ)

ラウンドレポート'11 | コメント (1) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:不調で、言葉少なし「長南バブリックコース」
次の記事:はじめボロボロ、一転絶好調!「船橋カントリー倶楽部」

コメント

雨の中のラウンド、お疲れさまでした。
私も昨日は、最悪のコンディションの中・・コンペに参加してまいりました。言い訳はしたくありませんが・・もうちょっと良いコンディションで楽しみたかったですね。スコアは実力通りの結果でしたが、ウェアがずぶ濡れで・・気持ち悪かったです。途中で完全に切れましたけど、まあこんな時の試練も大事ですからね。良い経験になりました。
by: 小次郎パパさん | 2011/10/06 19:55 | URL [編集] | TOP↑

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/356-58f67ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)