宇都宮遠征パート1、2日目名門「宇都宮カンツリークラブ」 INDEX

宇都宮遠征パート1、2日目名門「宇都宮カンツリークラブ」

p121018_2.jpg前日は宇都宮の元同じ会社の仲間のお店で宇都宮餃子で宴会。本日のコースは宇都宮の市街地から15分の昭和36年開場の名門「宇都宮カンツリークラブ」。天気予報は曇りでしたが、たまに小雨の降るあいのくの天気。大きなコンペが入っているとの事で、早朝のスタート。北、中、南の27ホールで本日は、北→中コースのラウンド。

p121018_3.jpg1番打ち上げのミドルホールは、ティショットはフェアウェイセンターでまずまず。2打目、ピン方向はガードバンカーがあるので、さけたつもりが、見事にバンカーへ。これを1回で出せず、アプローチも失敗して、痛恨のダブルパー。グリーンの傾斜がきつく、さらに芝目が強くて、順目と逆目で転がりが全く違う。キャディ付きのプレーで目の方向は教えてもらえましたが、キャディさん無しでは厳しいコースです。
2番右ドッグレッグロング、1打目は、天ぷらで右サイド。次をひかけて、OBラインギリギリでセーフ。そこから出して、4打目をピンそばにぴたりとつけてパー。3番ショートも1オンはのがしたが、上手くよせてパーと持ち直したが、その後もティショットは天ぷら、2打目はチョロ、おまけにアプローチをグリーンの奥にこぼして3パットとダボと取りの繰り返し、打下ろし9番ホールでピンそば1メートル強に2オンしならバーディがとれずでパー。結局パーが3つありながら他はダボ以上でボギーが取れずのプレーで52回。

昼食事中(といっても9時前)雨脚が強くなり、後半は皆さん雨具をつけてのプレー。私は、雨具を持ってこなかったのでそのまま。ただ、雨の方は、それほど強くならずですいました。

p121018_4.jpg後半は中コース。ティショットは、やや回復傾向だが、アイアンが大きく引っ掛け気味でなかなかパーオンできず。さらにまずまずだった、アイアンが引っ掛け気味で、スコアはまとまらず、5番ショートではティショットで1オンさせようと、力み過ぎて、ボールの頭をちょっとかすっただけ、ボールはレディスティ前で斜面のラフにズッポリ。なんとか3オンさせたが、3パットしてトリプル。6番以降は、何とかボギーを重ねたが、最終9番打ち下ろしで、ボールは右に出たが、上手く斜面を転がり、グリーンまで130ヤード。これをひっかけて、大きくグリーン左横。アプローチは短すぎてなんとか端にオン。これをショートして3パットでダボ。結局後半はパーが取れずに、大たたきもありで、51回。

ショットも昨日に比べて、悪かったですが、さらに何か噛み合ないゴルフでした。結果は、またまた103回で100越えでしたが、多少、昨日と合わせて復活できそうなイメージが持てた宇都宮遠征でした。来週も、また泊まりでこちらに来るので、宇都宮にリベンジです。

ラウンド63/+4ーー□+3+3□□ー/52 △+3△□+3△△△□/51 total/103(38)
(○:バーディ ー:パー △:ボギー □:ダボ)



ラウンドレポート'12 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:またまたピート・ダイに惨敗「ザ・カントリークラブ・グレンモア」
次の記事:宇都宮遠征パート1、1日目「サンヒルズカントリークラブ」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/454-a7f9be8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)