4パット2回はいけません・・「ゴールデンクロスカントリークラブ」 INDEX

4パット2回はいけません・・「ゴールデンクロスカントリークラブ」


昔は埴生(はぶ)カントリークラブという名称だったが、現在は小林洋行の100%子会社が経営するコース。平成8年オープンでクラブハウスはバブルの面影が残る。フェアウェイ・ティーグラウンドに 寒地型芝草(ペレニアルグラス)をオーバーシーティングしてあり、冬場でも緑の芝生でプレーができるのは嬉しい。 コースは、比較的ゆったりとしているが、ところどころ厳しさもある。
冬場の中では気温もあがってまずまずのコンディション。日陰のグリーンは凍っていて、ダイレクトにのったボールは止まらない。

インスタート、10Hセカンドミスしてグリーン手前バンカーでボギー、2Hアプローチざっくりでダボ、3Hショート大きく曲げてボギーとパッとせず。14Hロング、ティショット、セカンド完璧ながら、3打目右に打ち出しグリーン横のバンカーで出すだけ、さらに寄せきれずおまけに短いパットを外してトリプル。15Hギリギリパーオンで上りの長いパットが残り、これを打ちきれずで痛恨の4パットでダボとパットが悪い。17H池越えショートを1オンしてパーを取ったが、前半は50回。

後半もボギー、ボギー、パーと順調の滑り出しだったが、途中セカンド以降がミスが続きダボ、ダボ、トリと乗り切れず。8打ち上げロング、4打目2段グリーンの上に届かず下の段に戻ってボギーオン、ここから打ちきれず段の上に行かずでまたまた4パットでトリプル。最終打ち下ろしの曲がりくねった苦手のホールは何とかボギーとしたが、結局後半も50回で、がっくりのゴルフでした。



【ラウンド86 ゴールデンクロスカントリークラブ】


ラウンドレポート'14 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:ホール間の距離が長くてびっくり「キャスコ花葉CLUB 花葉コース」
次の記事:後半出だし好調なれど失速「ザ・ロイヤルオーシャン」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/674-53470eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)