狭いコースではまだまだ、「ミルフィーユゴルフクラブ」 INDEX

狭いコースではまだまだ、「ミルフィーユゴルフクラブ」


クラブハウスが英国の宮殿のようなミルフィーユゴルフクラブで久しぶりの訪問。名前の由来は、フランス語で「mille」(ミル)は「千」、「feuille」(フイユ)は「葉」を意味していて、つまり千葉ということらしいです。コースレイアウトは各ホール変化があり楽しめるが、狭めのホールやブラインドホールが多く、グリーンが広ーい丘陵コース。多少前回回復の兆しの見えたドライバーが狭めのコースで通用するかが今日の課題。

8時少し前のスタート、前も後ろも女性だけのパーティ。1H2打目以降が狭い左ドッグレッグのロングホール、ティショットは引っ掛け気味で今一歩、刻んで、刻んで、届かず、寄せたが入らずでダボスタート。2H短いミドルなのにティショット飛ばず、刻んで、のせてボギー。3Hも同じような展開だったが3パットでダボ。4Hショート、オーバーしてエッジながら上手く寄せてパー。
狭いホールが続きドライバーを怖くて振れずで、飛ばず、刻みでボギーとダボの繰り返しで前半は48回。

後半、ティショットを思い切り行こうと振ったが大きく右に飛んでやや不安。ここも刻んで上手く3オンさせたのに3パットでダボはがっくり。11H池越えショートは1オンして長いパットが残ったが、そこそこに寄せてパー。12H広めのロング、ティショットまずまずながら、ガードバンカーに入れて出せず、オーバーで奥のバンカーと行ったり来たりで9回は大誤算。
その後は寄せとパットでなんとかボギーペースだったが、17Hロングでまたまたガードバンカーにつかまりドタバタしてトリプル。最終18Hクラブハウスに向かって打っていく長めのミドル、広めなので思い切ってスイング、まずまずのドローで今日イチ、セカンドでグリーン手前に運んで、そこそこまで寄せてボギーはまずまず。
後半はロング2ホールで7オーバーながら、残りホールで6オーバーでかろうじて49回。



【ラウンド74 ミルフィーユゴルフクラブ】


ラウンドレポート'15 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:久々の90切り、ドライバーも復活??「ラフォーレ&松尾ゴルフ倶楽部」
次の記事:やっとドライバー復活か?「太平洋クラブ 市原コース」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/751-bebbb3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)