アプローチ絶好調なれどショートパットがイマイチ「源氏山ゴルフクラブ」 INDEX

アプローチ絶好調なれどショートパットがイマイチ「源氏山ゴルフクラブ」


久しぶりの源氏山ゴルフクラブ、この地名の由来は「源頼朝公が安房より北上して下総国に進軍するに当り、暫くこの地に停まり、山上に白旗を掲げて兵を募った」とのこと。コースの所々から市原の街が望める丘陵コース。ロング、ミドルはやや短めのホールが多い、フェアウェイは比較的ゆったりとしている。

インスタート、10Hミドルティショットチーピン気味、刻む予定が飛ばず斜面、そこからシャンク、4打目残り120ヤードをピタリとつけて1パットのボギーは上出来。11H、12Hうまく寄せるもパットが決まらず、さらに13Hもパーパットがわずかに決まらずオーバー返しを外してダボとショートパットが決められず。
14Hショート、曲げてサブグリーンオン、アプローチを上手く打ってカップインでバーディ。さらに16Hミドルパーオン、4メートルのパットを決めてバーディと上出来。18H長めのミドル、ティショットまずまずで残り180ヤード、ガードバンカーをわずかに超えずでバンカー。このバンカーショットはトップ気味でグリーンを走ったがピンに当たってピン横で止まってラッキーパー。前半は最初のパットのミスをバーディで取り返して42回と上出来。

アウトに入って、1H、2Hと1stパットがオーバーで返し入らずの連続3パット。3H短いロングでやっとパー。4Hショートバンカーに入れ、大きすぎてグリーンオーバー、返しのアプローチを寄せてボギーはまずまず。5Hミドルアプローチで寄せてパー。6H打ち上げミドルでグリーン周りでドタバタしてダボ。それ以降は無難にボギーで後半は45回でトタール87回はまずまず。

ドライバーが引っ掛け気味なので途中からフェードうち気味でスタンスをオープンにせずに打ってみると球筋、飛距離とグッド。この打ち方で最後までまずまずのショットができた。この方がためができるようだ。これが安定すれば、あとはショートパットをなんとかするのみ。続けばの話ですが・・・・。



【ラウンド103 源氏山ゴルフクラブ】


ラウンドレポート'16 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:アプローチ相変わらず絶好調!「ムーンレイクゴルフクラブ 市原コース」
次の記事:2016年ラウンドリスト、初の100ラウンド越え達成!!

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/875-243f9158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)