ショット今一歩、アプローチとパットはまずまず「房総カントリークラブ 大上ゴルフ場」 INDEX

ショット今一歩、アプローチとパットはまずまず「房総カントリークラブ 大上ゴルフ場」

今年4月に大叩きをしたコースにリベンジ。OUTは比較的広々したレイアウト、インは変化に富んだレイアウトの距離のあるコース。前回はバックからで大叩き、冬場ということもあり本日はレギュラーティー使用。

インスタートで前半はどん詰まりで各ホールで待ちながらのラウンド。ショットはダフリ気味で距離が出ず、パーオンが狙えずボギオンがやっと。11Hグリーン手前左が池、セカンドが大きく曲がって池ぽちゃ、池の手前からピン横2メートル弱につけてボギーは上出来。13H、14Hは長めのパットが入ってリカバリー。15Hは短いパットが入らず3パットでダボ。18Hロング、3打目残り池越え100ヤード、ややトップ気味で止まらず奥のバンカー、バンカーショットが出ず、次は大きく反対側まで、しかしアプローチをピタリとよせて何とかダボ。前半はアプローチでしのいで46回。

後半に入って、ショットは相変わらずダフリ気味。3Hミドルで長いパットを決めてパー。4H長〜いショートは、短いパットを外してダボ。
前半良かったパットが入らない。7H短いショートは、ピン奥左にナイスオン、バーディパットがボール一つ違ってパー。最近パッティングの際に「松山」と声を出すとなぜか良い感じで打てるのを思い出したら、これが大正解。後半は3パット無し、1パット3回で結局45回。

本日は、ショットの精度が今一歩ながら、よく凌いだという感じ。パットの時は「松山」とつぶやいて打つ、これを忘れずに!

ラウンドレポート'17 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:2017年ラウンドリスト
次の記事:前半ロング2つバーディで絶好調、後半3パット5回で涙「CPGカントリークラブ」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/988-845ef823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)