沖縄遠征3日目、日の出とともにスタートでスイスイ!「パームヒルズゴルフリゾート」 INDEX

沖縄遠征3日目、日の出とともにスタートでスイスイ!「パームヒルズゴルフリゾート」

糸満市街地を望む標高130mのゆるやかな丘陵に展開するゴルフコース。クラブハウスはとにかく広くて豪華ですが、重い荷物を持って階段を降りなければならず、ロッカーとスタートホールも離れていたりとやや作りは不便。本日の夕方の飛行機で帰るために、暗いうちにゴルフ場に到着、日の出とともにスタート、といってもまだボールは見えにくい。

アウトスタート、ショットはまずまずながら、相変わらずパーが取れず、時々ダボトリのボギーペース。前半は2Hでは、セカンドを刻んだつもりが転がって池ぽちゃでトリプル。3H、8Hで3パットしてダボ、それ以外はボギーで49回。
インに入って、11Hショートきれいに乗ったとおもったら転がって奥のラフ、このアプローチをざっくり2回で4オンでトリプル。12Hロング、3打目わずかに届かずながら、アプローチをぴたりとピンにつけてやっとパー。13H打ち上げショートのせたが3パット。14Hアプローチバンカーに入れてトリプル。15、16、17Hは、やっと沖縄の環境になれてきたのか、ショット、パットともに絶好調で3連続パーで後半は46回。

パットのタッチがなかなか合わずでしたが、帰って調べたら、沖縄のグリーンには「バミューダ(bermuda grass)」が使われていて、ベントと比べて、茎葉が太く、グリーンには「芝目」が生じるそうです。今回2日目にラウンドした喜瀬CCは、ハワイ諸島などのゴルフ場で使われている「シーショアパスパラム(seashore paspalum)」という芝だそうです。どちらもベント芝とは少し違う感じがしました。
3日間の沖縄でしたが、この時期は晴れの日が少なく雨の日や寒い日も多いそうですが、ずっと半袖プレーでしたのでまずまずのコンディションでした。4月ごろがゴルフ場も安くて気候も良いそうなので、もう一度チャレンジしようかと思ってます。

ラウンドレポート'18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
2打目OB2発がもったいなーい!「ムーンレイクゴルフクラブ 市原コース」 | HOME | 沖縄遠征2日目、残念ながら時折雨、「かねひで喜瀬カントリークラブ」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://letsgolf.blog50.fc2.com/tb.php/996-587dbe88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)